西村一輝、永尾まりやが寺西一浩監督最新映画「東京ボーイズコレクション」舞台挨拶に登壇!日本人監督初の快挙も達成

Record China / 2017年3月27日 17時0分

写真

5日、世界がその才能を認める寺西一浩監督の最新映画「東京ボーイズコレクション〜エピソード1〜」の初日舞台挨拶がヒューマントラストシネマ渋谷で開催され、主演の西村一輝、元AKB48の永尾まりやが登壇し撮影中のエピソードなどを語り会場を盛り上げた。

2017年3月25日、世界がその才能を認める寺西一浩監督の最新映画「東京ボーイズコレクション〜エピソード1〜」の初日舞台挨拶がヒューマントラストシネマ渋谷で開催され、主演の西村一輝、元AKB48の永尾まりやが登壇し撮影中のエピソードなどを語り会場を盛り上げた。

本作は、日本最大級の男性ファッション&音楽イベントを実話に基づいて映画化し、寺西一浩監督としては4作目の映画で日本人監督として初の快挙も達成した。第14回モナコ国際映画祭で最優秀グランプリを授賞し、その他最優秀監督賞等を含む7冠に輝いた。

また、今年5月にアメリカ・ロサンゼルスで開催されるJapan Film Festival Los Angels 2017にも正式招待作品に選出され、寺西監督はじめ西村一輝、永尾まりやもロサンゼルス入りが決定している。舞台挨拶には、木村香織、木村沙織、野呂田直樹、上村翔などが祝福に駆けつけた。

西村は、「初主演で寺西監督や出演者にも恵まれ素晴らしい作品に携われて嬉しかった」と挨拶。永尾も「一輝君のデビューから知っているからこの作品に携われてよかったです。たくさんの皆さんに見てもらいたいです。世界で上映されているので今日が初日とは思えないです」と語った。

寺西監督は、「日本や世界の方々に映画を見てもらえて嬉しいです。エピソードが続きますが素敵な瞬間を大切にこれからも映像制作に取り組みたい」と、今年夏にクランクインのエピソード2への意欲も見せた。エピソード2には、引き続き、西村一輝が出演するほか、第2回イケメン総選挙グランプリの石山城カルヴァンやSIZUKU、澤田祥江、野呂田直樹、上村翔、水上アンナ、山崎至らが出演予定。

本作は、甲子園を目指すエースで学校中の人気者・波風一輝(西村一輝)が、母(さとう珠緒)が突然病いに倒れてしまい、ミュージシャンの夢を追い続ける父(はなわ)に替わって入院費を稼ぐため部活を辞めざるを得なくなってしまったところから物語が始まる。

次第に心を閉ざすようになる一輝。そんなある日、アイドルのRISA(永尾まりや)が転校してくる。野球と言う夢を諦めた一輝と、芸能界で頑張るRISAは互いに惹かれ合っていき、一輝は、病床の母からの後押しもあり芸能界という新しい夢を見つけ、イケメン日本一を決める「東京ボーイズコレクション」に出場することを決意すると言う青春ラブストーリー。3月31日まで、ヒューマントラストシネマ渋谷で上映中。(編集/武藤)

Record China

トピックスRSS

ランキング