韓国政府の「THAAD搬入を知らなかった」はうそ?米ホワイトハウスが不信感=韓国ネット「韓国は米国の属国じゃない」「常識的に考えておかしい」

Record China / 2017年6月19日 20時40分

写真

19日、韓国メディアによると、トランプ米大統領が高高度防衛ミサイルの韓国配備をめぐる問題に激怒していたことが分かり、韓国で注目を集めている。写真は米ホワイトハウス。

2017年6月19日、韓国・朝鮮日報によると、ドナルド・トランプ米大統領が高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備をめぐる問題に激怒していたことが分かり、韓国で注目を集めている。

トランプ大統領は8日(現地時間)、米ホワイトハウスの執務室オーバルオフィスにティラーソン国務長官、マティス国防長官、マクマスター大統領補佐官を呼び、朝鮮半島の安保状況について議論した。3人が朝鮮半島へのTHAAD配備が遅れている事実を報告すると、トランプ大統領は激しく怒り、数多くの暴言まで飛び出したという。

複数の関係者によると、ティラーソン国務長官とマティス国防長官は8日の朝食会で「THAADプランB」をトランプ大統領に建議することを決めた。「THAADプランB」の内容は具体的に明らかにされていないが、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が1日にワシントンを訪問し、「韓国内の状況を理解してほしい」と要請したことを反映した一種の妥協案だったという。しかし、消息筋によると、トランプ大統領はこれを受け入れず「いっそ(THAADを)抜け」などと発言した。

トランプ大統領が激怒した事実はさまざまなルートで韓国政府にも伝えられた。関係者によると、鄭室長が9日の記者会見で「米韓同盟レベルで約束した内容を根本的に変えようとの意図はない」との立場を再確認したのは、こうした事情があったためとみられている。

米国のTHAADをめぐる韓国への不信感はさらに高まっている。米国は韓国大統領府の「THAADの搬入を知らなかった」との主張についても「うそ」とみて疑いを強めているという。ある消息筋によると、ホワイトハウスの国家安保会議(NSC)関係者は「THAAD発射台4基が追加で搬入されるとの情報に報告漏れがあり、搬入後にその事実を知った文在寅(ムン・ジェイン)大統領は衝撃を受けたとの主張は明らかなうそであるとNSCは考えている」と話したという。

こうした状況の中、文政権の統一外交安保特別補佐官である文正仁(ムン・ジョンイン)延世大学名誉特任教授が16日に米国でのセミナーの基調講演で述べた「THAADが解決しなければ米韓同盟まで壊れるとの認識があるが、それのどこが同盟なのか」「THAADが同盟の全てであるかのように述べることは受け入れがたい」などの発言がさらなる議論を巻き起こしている。文正仁教授は「学者の立場からの言及」との前提を付けたが、「韓国政府が米国との衝突を受け入れた上でTHAADを配備する場合、国内法上の手続きを取る」との立場を明らかにしたとの見方も出ている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Record China

トピックスRSS

ランキング