<コラム>今の人間にとって必要なのは…チベットの高地で活仏に会った

Record China / 2017年10月13日 23時0分

写真

ゴクロ・チベット族自治州の州政府所在地から車で約2時間走ると、道沿いに雄大な雪山が現れる。写真は筆者提供。

ゴクロ・チベット族自治州の州政府所在地から車で約2時間走ると、道沿いに雄大な雪山が現れる(写真1)。チベット地域の四大神山の一つであるアニマチン雪山は、黄河源流にある最大の山である。アニマチンとはチベット語で「強くて豊かな祖先」という意味で、毎年多くの信者が巡礼に来るそうだ。雪山からさらに15分くらい走ると、道から少し離れた山の麓に金色と褐色が特徴的なお寺が見えてくる。山腰には色とりどりの三角形の旗が飾られ、透き通った青空、そびえ立った山、壮麗なお寺、これらのすべては清らかさと神聖感をもたらしている。今回の目的地であるアニマチン・チベット族文化センターは、まさにここにたたずんでいた(写真2)。

文化センターは活仏のサイジャンラジャ氏の下で2005年からアニマチン神殿を改築・拡充したものである。現在、チベット仏教、職業教育、普通教育を展開する総合的な施設になっている。文化センターの主な建物は改築後のアニマチン神殿であり、神殿を囲む広大な庭の前に雄々しいアニマチンの仏像が建てられている。同行してくれたマチン県副県長の黄敏氏の案内で、私たちはサイジャンラジャ活仏を訪ねた(写真3)。迎えてくれた活仏は温厚な笑顔を見せる50代の方で、人を見抜いたような眼差しにいかめしさを感じた。私たちは用意したハダ等を捧げ、活仏に案内され施設のリビングに移動した。

活仏の住居は神殿の後側にあり、2階建ての長方形の建物である。外側の壁は神殿と同じ色とデザインで統一感を保っている。建物の真中は吹き抜けとなっており、太陽の光がたっぷり注いできて非常に明るい。1階の中央はリビングルームであり、その周辺にはいくつかの部屋がある。吹き抜けの真下に重厚感のある純木で美しい彫刻で飾られているテーブルやリビングチェアが並べてあり、テーブルの上には来客用の「マーホア」と呼ばれる縄状のお菓子が大量に積み上げられていた。

その後、活仏は神殿に案内してくれた(写真4)。神殿の階段を上がってきらびやかな装飾で飾られた門を通ると、広々とした殿堂に入る。室内の正面以外の壁はチベット族の歴史とチベット仏教の曼荼羅(まんだら)を描いたタンカで飾られている。タンカとはチベット族の伝統的な絵画である。その顔料が金銀やメノウなどの鉱物金属とサフランやルバーブなどの植物といった自然界の天然物から作られているため、布に描かれたタンカは非常に鮮やかで、いくら年月が経っても色褪せないと言われている。正面の真ん中に千手観音菩薩が祭られており、その両側に数々の仏像が鎮座している。仏像はそれぞれに表情や姿勢が異なり、いずれも生命力にあふれて生き生きとして美しい。華やかなタンカと躍動感のある数々の仏像が鎮座する殿堂は、荘厳かつ慈悲に満ちた雰囲気が漂っていた。そこからはこの神殿を建立した人々の強い信仰心とチベット文化の奥深さを感じる。

Record China

トピックスRSS

ランキング