安倍首相が平昌開会式出席へ、韓国メディアも一斉に報道=「安倍首相が折れた!」「やっぱり文大統領は外交の天才」―韓国ネット

Record China / 2018年1月24日 12時10分

写真

24日、安倍晋三首相が来月9日に韓国で開催される平昌五輪の開会式に参加する意向を固めた。複数の韓国メディアが一斉に報じ、ネットユーザーからもさまざまなコメントが寄せられている。写真は平昌五輪の会場。

2018年1月24日、安倍晋三首相が来月9日に韓国で開催される平昌五輪の開会式に参加する意向を固めた。複数の韓国メディアが一斉に報じ、ネットユーザーからもさまざまなコメントが寄せられている。

安倍首相は23日に行われたインタビューで「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は20年に東京五輪を主催する立場だ」とし、「事情が許せば平昌五輪開会式に出席して日本の選手らを激励したい」と述べた。さらに、韓国現地で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談したい」とし、「慰安婦合意について、韓国が一方的に新たな措置を求めたことは受け入れられないとの考えを直接伝えるつもりだ」と明らかにした。

また、安倍首相は平昌五輪をきっかけに進展する南北対話について「五輪は五輪で切り離して考える必要がある」としつつも、「北朝鮮に対する圧力を最大限に高めるという方針がぶれてはならないとの考えを文大統領に伝えたい」と述べた。北朝鮮に対する人道支援再開問題についても「間違ったメッセージを与える可能性がある」とし、反対の立場を示した。

安倍首相はこれまで、慰安婦合意をめぐる日韓の対立などを考慮し、平昌五輪開会式への参加を保留としていた。安倍首相が参加を決めたことについて、韓国・中央日報は「南北関係の対話が急速に進展していることを受け、韓米日協力を最優先すべきと判断したものとみられる」と伝えている。また、世界日報は「東京五輪の開催国としてのプレッシャーも判断に影響を与えた」と指摘した。

これについて、韓国のネットユーザーからは「安倍首相が折れた!文大統領の政策が効果を発揮し始めたようだ」「結局来るんだね。沈んでいた平昌五輪を文大統領が生き返らせた」「この勢いで平昌五輪を成功させよう」「おお!やっぱり文大統領は外交の天才」など文大統領への称賛の声が多数上がっている。

また「安倍首相が立場を変えるなんて珍しい。世界の仲間外れになることを恐れたのか?」「平昌五輪は世界が注目する大会。さすがの安倍首相もプライドのために行かないとは言えなかったのだろう」と指摘する声も。

一方で「来なくていいよ。懸念が増えるだけだから」「文大統領に何て言うつもりだろう?」と心配する声や、「日本の国益を考えての決定。安倍首相はいつも冷静だ」「開会式で掲げる統一旗に独島(日本名:竹島)を描かないという裏取引があったのだろう。結局は韓国の負けだ」と主張する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

Record China

トピックスRSS

ランキング