「隣はまずい」「いや、そっちこそまずい」横断幕で批判し合うレストラン―中国

Record China / 2018年1月14日 22時30分

写真

12日、三秦都市報は、中国陝西省西安市のレストランが張り出した「笑える」横断幕が当局の指示により撤去されたと報じた。ユニークかつスマートな宣伝手法だが、地元政府はそうは考えなかったようだ。

2018年1月12日、三秦都市報は、中国陝西省西安市のレストランが張り出した「笑える」横断幕が当局の指示により撤去されたと報じた。

西安市に出現した「笑える」横断幕が中国のネットで大きな話題となった。三軒のレストランが並んでいるのだが、一番右には「(左の)二軒はまずい」、真ん中には「あいつら二軒はまずい」、左には「(右の)二軒はまずい」との横断幕が貼られている。思わず笑ってしまう光景だけに写真を撮ってSNSに公開する人が続出。けんかし合う三軒は明らかに客が増えたという。

一軒の店主である王(ワン)さんは、自虐ギャグでの宣伝で、本当にケンカしていたわけではないと明かしている。

ユニークかつスマートな宣伝手法だが、地元政府はそうは考えなかったようだ。管轄部局は11日、3店舗の店主を呼び出して事情聴取し、「他の生産経営者の商品やサービスを誹謗(ひぼう)してはならない」とする広告法13条に違反しているとして、横断幕を撤去するよう指示した。(翻訳・編集/増田聡太郎)

Record China

トピックスRSS

ランキング