羽生結弦がプルシェンコとの対談で「意外な人」に感謝、中国ネット「彼の品格をよく表している」

Record China / 2018年4月16日 11時50分

写真

15日、中国版ツイッター・微博の羽生結弦のファンアカウントが、13日に行われたアイスショーでの羽生とプルシェンコの対談の様子を紹介し、多くのファンが注目している。写真は平昌五輪で観客にあいさつする羽生。

2018年4月15日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の羽生結弦のファンアカウントが、13日に行われたアイスショーでの羽生とプルシェンコの対談の様子を紹介し、多くのファンが注目している。

羽生は自身がプロデュースしたアイスショー「Continues〜with Wings」で、憧れの人と公言するロシアのエフゲニー・プルシェンコと対談。羽生が「スケートの好きなところはどこですか」と質問すると、プルシェンコは「スケートは私の人生。スケートに関わることを31年やってきた」とし、「このアイスショーに参加できて、ここにいられて本当に幸せ。そして、結弦くんと一緒にいられて、良い関係でいられてとてもうれしく、幸せです」と応じた。続けて、「結弦くんにお願いがある。どうか、優しくて、まっすぐで、自分を信じる今のままでいてほしい。羽生結弦のファン、世界中のファンたちのために、素晴らしいプレゼントをし続けてほしい。あなたは私のヒーローです」と語った。

続いて、羽生からの「僕がスケートを始めて好きになったスケーターの方が今隣にいるので、プルシェンコさんの憧れの人を聞きたいのですが」という質問には、「この質問には答える必要はないのではないかと思う。世界中の人々が知っているように、今世界ナンバーワンの選手はあなたです。だから、私の憧れの人物、ナンバーワンはあなたです。もう2カ月前になりますが、五輪でのあなたの演技を見て私の妻は涙を流しました。幸せの涙です。あなたの演技は多くの人に幸せをもたらします。同時に、世界でナンバーワンだということは大変な重荷。だけど、あなたはすべての困難を克服できる。私はそう信じています」と語った。

羽生はさらに「(プルシェンコは)ソルトレークシティー五輪ではアレクセイ・ヤグディン選手に勝てなくて、その後、トリノ五輪で勝ったと思うんですが、その時に、色々なことを世界中から言われたと思いますが、どのようにスケートと向き合っていたのでしょうか」と質問。プルシェンコは「あなたも知っているように、ナンバーツーは負け、敗北です。これはとても悪いことです。ただ、私は練習が好き、試合が好き、学ぶことが好き。毎日こういうことをしています。プログラムをつくることも、演技をすることも好きです。それから、多くの観客の皆さんに喜びを与えることが一番うれしいんです。あなたを始め、次の世代が戦っていくのを楽しみに見ています。困難を克服するのを楽しみにしています。そして期待しているのは4回転アクセル。次の五輪でもチャンピオンになってほしい」と述べた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Record China

トピックスRSS

ランキング