韓国政府、「独島」を「リアンクール岩礁」と表記の地図使用し批判浴びる=韓国ネット「次は竹島に変わる?」「これまで守ってきたのは奇跡」

Record China / 2018年2月21日 13時20分

写真

20日、韓国の外交部と統一部が一部の外国語版ホームページで、竹島を韓国名の「独島」ではなく、米国での名称「リアンクール岩礁」と表記した地図を使用していたことが分かった。写真はソウル地下鉄構内の竹島の模型。

2018年2月20日、韓国の外交部と統一部が一部の外国語版ホームページで、竹島を韓国名の「独島」ではなく、米国での名称「リアンクール岩礁」と表記した地図を使用していたことが分かった。その後、市民からの指摘により、地図は変更されたという。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

記事によると、外交部と統一部はそれぞれ英語と英語・中国語のホームページで、縮尺を変えると竹島が「リアンクール岩礁」と表示されるグーグルマップを使用していたが、このほど変更した。

外交部当局者は20日、「昨年末にホームページを改編する際にグーグルマップの地図が使われたが、確認したところ不備があった」とし、「市民からの指摘を受け、すぐに修正した」と説明した。

統一部当局者も「縮尺を変えて朝鮮半島全体を見た時にリアンクール岩礁と表示されることは全く知らなかった」とし、「韓国内のポータルサイトの地図にリンクを変更した。今後はこのようなケースが発生しないよう留意する」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーからは「韓国の公務員たちは独島問題に関心がないの?」「わざと?慰安婦問題に続いて、独島まで日本に売るつもり?」「無知なの?怠慢なの?韓国が今まで独島を守って来られたのは奇跡だ」「信じられない。次は竹島に変わっているかも」など驚きの声が相次いでいる。

さらに「担当者を罷免するべきでは?」「誰のミス?責任を取る人が現れなければ、政府全体で責任を取って」など処罰を求める声も多く見られた。(翻訳・編集/堂本)

Record China

トピックスRSS

ランキング