<コラム>世界一難しい中国の科挙試験、日本人で唯一合格したのはあの人

Record China / 2018年3月12日 20時20分

写真

中国では官僚登用の制度として、1905年まで「科挙」と言う試験制度があった。その合格倍率は3000倍とも言われる。日本で司法試験が厳しいとか言われもせいぜい30倍である。写真は筆者提供。

中国では官僚登用の制度として、1905年まで「科挙」と言う試験制度があった。隋の文帝(587年)から始まり、清末期(1905年)まで1300年もの長きに渡り存在した官史任用制度である。多民族国家の言語思想を統一させる点では大きな効果があったが、20世紀の西洋列国の合理的な自然科学重視の中では、植民地主義に表される富国強兵の考えにまったく意味をなさず、清朝末1905年に廃止された。科挙の制度は3年に一度中国全土から四書五経を諳んじ、詩歌に優れた人物を30名程度試験により合格させる制度で、受験資格の年齢制限はないが、女性(1853年太平天国時代に例外あり)や商人(李白はこの制限で受験資格なし)、前科者は受験資格がない。

5歳にして試験は開始され、童試→郷試→会試→殿試の段階を経てようやく合格となる。その合格倍率は3000倍とも言われる。日本で司法試験が厳しいとか言われもせいぜい30倍(昭和50年代、合格者数は約500名)であることから、3年に一度司法試験上位5名だけを合格にするのとほぼ同じレベルである。合格したものを「進士」と呼ぶが、合格は奇跡に近い。1300年間で596回の試験があり、平均合格者の年齢は36歳、最高では76歳の合格者もいた。試験は3日間一室に缶詰状態で行われ、世界一難関な官僚登用試験であった。

学識(記憶力)のみを合否の基準とするのが科挙制度であるがために、合格に必要な要素は、1)幼少の時代から学問に専念できる環境(裕福で親が官史など)、2)高価な書物の購入や塾通いが可能な裕福な家庭のみ、となる。それがために、中国の近代化を阻害した最大の要因となった。よく日本の明治維新と比較されるが、教育の原点は儒学であるがため、論争的・創造的考えは嫌われた。しかも学問する者は一部の富裕層だけである。江戸期日本はほとんどが私塾であり、学問は多様化した。下級武士以下の一般の商人・農夫でも機会があり、それを育成する機関もあった。下級武士は実用性・合理性のある学問を尊重したため、欧米の知識や蘭語・英語の導入に何ら抵抗がなかった。これが中国ではなかった。

殿試とは皇帝臨席で受ける試験で、この試験で合格者の順位が確定する。上位3名は、上から「状元」「榜眼」「探花」と呼ばれ、このトップ合格者「状元」は巨大な官僚機構の最高位となる。1300年の長き時代、驚くべき事に596名しかいなかった事であった。それが権力と権威を併せ持つおかしな官僚社会となった。記録によると第一回目の状元は、唐代622年の孫伏伽であり、最後は清代1904年の劉春霖となっている。

Record China

トピックスRSS

ランキング