ロシアの美少女スケーターの世界選手権欠場、「毒舌で有名な日本のネットユーザーが…」と中国メディア

Record China / 2018年3月14日 13時20分

写真

13日、騰訊網は、ロシアの美少女フィギュアスケーター、エフゲニア・メドベージェワが、ミラノで開かれるフィギュアスケート世界選手権欠場を発表したことについて、日本のネット上で欠場を残念がる声が相次いでいると報じた。資料写真。

2018年3月13日、騰訊網は、ロシアの美少女フィギュアスケーター、エフゲニア・メドベージェワが、ミラノで開かれるフィギュアスケート世界選手権欠場を発表したことについて、日本のネット上で欠場を残念がる声が相次いでいると報じた。

メドベージェワは昨年11月、右足の骨にヒビが入っていることが発覚し、12月のグランプリファイナルを欠場した。今年1月の欧州選手権で復帰し、2月の平昌五輪も出場したが、いずれも同じロシアのアリーナ・ザギトワの前に破れて銀メダルに終わっていた。

記事は「平昌五輪ではザギトワと接戦を繰り広げたが、大会後に痛みが再発したようだ。これ以上悪化して手術が必要な状態になるのを避けるため、医師は4週間にわたりジャンプ動作を禁止したという。世界選手権を連覇していたメドベージェワは欠場することで、ザギトワが優勝する可能性がさらに高まった」と伝えている。

また、フィギュアファン、さらにはメドベージェワのファンが多い日本のネットユーザーから「どうりで五輪での動きがおかしかったわけだ。ジャンプも演技も精細を欠いていた。しっかり治して復帰してほしい。待ってるよ!」「みんなベストコンディションで五輪を迎えるように全力で頑張ってたんだな。世界選手権の欠場も仕方ない。オリンピアンたちにもっと休息時間を与えてほしい」といった励ましのコメントが寄せられたことを紹介した。

そのうえで「毒舌で知られる日本のネットユーザーがそろって残念がるというのは、メドベージェワぐらいのものかもしれない。日本には無数のファンがいる上、平昌五輪前には日本で合宿していたのだから」としている。(翻訳・編集/川尻)

Record China

トピックスRSS

ランキング