大阪で中国人逮捕、白タクで売り上げ1億円=中国でも非難の声「恥さらし」「全く賛同できない」

Record China / 2018年3月21日 19時0分

写真

21日、関西空港で中国人観光客を相手に無許可でタクシー営業をする白タク行為をしたとして、中国籍の男女3人が大阪府警に逮捕されたことが、中国でも話題となっている。写真は大阪。

2018年3月21日、関西空港で中国人観光客を相手に無許可でタクシー営業をする白タク行為をしたとして、中国籍の男女3人が大阪府警に逮捕されたことが、中国でも話題となっている。

中国メディアの環球網が日本メディアの報道として伝えたところによると、逮捕された高晶容疑者(32)ら3人は、中国の旅行会社の紹介や、スマートフォンなどで予約・決済する配車アプリを通じて客を集め、ワンボックスタイプのレンタカーを用い、関空と大阪市内の間を約1万円で運び、昨年12月までの1年間で約1億1000万円を売り上げたとみられる。

逮捕、追送検容疑は、昨年6〜12月、関空や大阪市内などで計13回、約70人の客を運び、無許可でタクシー業を営んだ疑い。高容疑者が指示役で、男2人がドライバーだった。いずれも容疑を認めているという。

この話題について、中国のネット上では「中国人がまた海外で恥をさらした」「彼らの違法行為には全く賛同できない」「品行が悪く、金もうけだけを考える。中国や中国人の名声に傷をつける行為だ」などと非難する書き込みが多数の共感を集めていた。

また、「中国人の生命力の強さを示す事件だ。どこへ行ってもたくましく生きていける」という意見もあった。

さらに一部には「中国人は日本人を見下しているが、中国人が日本人に見下されるようなことがあってはならない」などと過激な意見を述べる人もいた。

ほかに、中国で最近、「すごいぞ、わが国」と中国を自賛する言葉が流行していることに関連し、「中国式白タクを海外にまで持ち出すなんて、そごいぞ、中国人」と自虐的なコメントを書き込む人もいた。(翻訳・編集/柳川)

Record China

トピックスRSS

ランキング