世界平和度指数で中国112位、日本は何位?―中国メディア

Record China / 2018年6月8日 10時20分

写真

7日、環球網は、世界平和度指数で日本は9位だったと伝えた。資料写真。

2018年6月7日、環球網は、世界平和度指数で日本は9位になったと伝えた。

記事は「国際シンクタンク経済平和研究所は6日、18年版『世界平和度指数』を発表した。『世界一安全な国』はアイスランドで、日本は9位だった。テロや紛争の激化などで全世界の平和度は悪化している」と伝えた。

また、「世界平和度指数は世界163の国や地域を対象にしている。基になっているのは治安状況や政情など23項目。トップのアイスランドに続いたのは、ニュージーランドとオーストリアで、米国は121位だった」と紹介。台湾メディアの自由時報によると、4位以降はポルトガル、デンマーク、カナダ、チェコ、シンガポール、日本、アイルランドで、上位10カ国中6カ国が欧州だった。最下位はシリアだ。

自由時報はまた、「アジアの上位を見ると、8位のシンガポール、9位の日本に次いで、ブータンが19位、マレーシアが25位、台湾が34位となった。中国は112位だったが昨年と比べると4つ順位を上げた。韓国は49位で北朝鮮は150位だった」と伝えた。(翻訳・編集/山中)

Record China

トピックスRSS

ランキング