ソウル市が寄贈を受けた「ベルリンの壁」に落書き、韓国人アーティストに批判殺到

Record China / 2018年6月12日 6時30分

写真

10日、韓国経済新聞によると、ソウル市中区清渓川のハンファビルの前にある「ベルリンの壁」に落書きが見つかり、「グラフィックアーティストの無分別な行動が貴重な遺跡を汚損した」と指摘する声が出ている。資料写真。

2018年6月10日、韓国経済新聞によると、ソウル市中区(チュング)清渓川(チョンゲチョン)のハンファビルの前にある「ベルリンの壁」に落書きが見つかり、「グラフィックアーティストの無分別な行動が貴重な遺跡を汚損した」と指摘する声が出ている。

記事によると、「HIDEYES」の名で活動するグラフィックアーティストのチョン・テヨンさんは、清渓川周辺の遊歩道に展示されていたベルリンの壁に自身のアート作品を描き、インスタグラムに掲載した。西ドイツ市民のメッセージが書かれていた壁には赤黄青の色が塗られ、厳しい東ドイツ社会を端的に象徴しているとされていた何も書かれていない壁には「私を照らす新たな光を見ました。私の目を輝かせてくれる光かLook Inside」との文章が書かれていたという。

チョンさんはインスタグラムに「世界最後の分断国家である大韓民国の現在と将来のためにメッセージを伝えようとした」と今回の創作の意義を説明した。しかし韓国では、歴史的な意味が込められた公共造形物を毀損(きそん)する行為は「たとえ創作活動であっても犯罪」という意見が支配的だという。建国(コングク)大学警察学科のイ・ウンヒョク教授は「(創作活動は)『表現の自由度法』の枠内で行われなければならない」とし、「創作を口実に公共施設の価値を毀損した」と指摘。市民の反発も激しく、大統領府にはチョンさんの処罰を要求する国民からの請願も寄せられ、9000人余り(10日基準)が同意している。

今回問題となった壁は、ドイツ統一当時に撤去され、ベルリン市北部のマルツァーン保養公園に展示された遺物。ベルリン市が05年に清渓川復元を記念し、朝鮮半島統一を願う意味でソウル市に無償寄贈したもの。高さ3.5メートル、幅1.2メートル、厚さ0.4メートルのベルリンの壁3枚とマルツァーン保養公園の街灯・ベンチなどの寄贈を受けたソウル市は、100平方メートルの敷地に「ベルリン広場」を造成してこれらを展示していた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「なんてことをするんだ。壁そのものが重要なのに、それに落書きしてどうするんだ。そんなものは創作ではない」「当時の西ドイツと東ドイツの状態が分かる壁だったのに…」「なんて愚かなことを!同じ韓国人として恥ずかしい」など、多くの批判の声が寄せられた。

また「原状回復はできないのか?」と修復を望む声も見られた。(翻訳・編集/三田)

Record China

トピックスRSS

ランキング