元慰安婦が利用されてる!?韓国ネットで物議を醸す裁判とは

Record China / 2018年6月22日 6時20分

写真

20日、韓国・ソウル経済によると、韓国の元慰安婦クァク・イェナムさんが検察に、作家コン・ジヨン氏に対する迅速な捜査を要求した。資料写真。

2018年6月20日、韓国・ソウル経済によると、韓国の元慰安婦クァク・イェナムさんが検察に、作家のコン・ジヨン氏に対する迅速な捜査を要求した。

クァクさんは同日、光州市議会で甥(おい)のイ・グァンロさんと記者会見を開いた。クァクさんは昨年11月、グァンロさんと共にコン氏を虚偽の風説の流布による名誉棄損の疑いで、検察に告訴していた。

記事によると、クァクさんは太平洋戦争が終盤に入った1944年春に日本軍の慰安婦となった。その後、中国で約60年暮らし、紆余曲折の末、2004年に韓国に帰国したが、2015年12月にステージ4の肺がんとの診断を受けたという。グァンロさんは「自宅で最期を迎えたい」というクァクさんを老人ホームから自宅に連れて帰ったが、治療費を負担するため生活は貧しかった。するとこの状況を知ったイ・クムジュ牧師は、クァクさんらに新たな住居を提供した。

しかしその1年後、イ牧師をめぐる「蜂針問題」が明るみ出た。蜂針問題とは、男性政治家を対象とした蜂針療法と児童虐待の疑惑が浮上したイ牧師をめぐるスキャンダルで、コン氏は同問題の真実究明と関係者の処罰を求めていた。

会見でクァクさんは、コン氏が自身のフェイスブックに「『グァンロさんは高級外車を乗り回している』『地域の住民から寄付金をもらった』など虚偽の情報を書き込んだ」とし、「イ牧師に対する批判の矢が私に向いている」と主張した。クァクさんは、コン氏の主張がテレビ番組などでも取り上げられたため、コン氏を検察に告訴することを決めたという。

グァンロさんは「私は高級外車にも乗っていないし寄付金をもらったこともない。ただイ牧師に助けてもらっただけ」と強調。さらに「コン氏は私のフェイスブックのクァクおばあさん関連スレッドに性器の蜂針療法に関するコメントを書き込んだ」とし、「なぜ元慰安婦を相手にそのようなことができるのか」と批判した。

この報道を受け、韓国のネット上には「イ牧師の正体は?なぜ元慰安婦に関わった?」「元慰安婦が告訴したとは思えない。他の人が元慰安婦の名前を使って告訴したのでは?」「徹底的に捜査して、元慰安婦のおばあさんだけには被害が及ばないようにしてほしい」など混乱が広がっている。

疑いの目は甥のグァンロさんにも向いており、「元慰安婦を利用し、どこかの政治家のためにコン氏を潰そうとしているのでは?」「誰彼構わず助けてもらうのではなく、しっかり素性を調査するべき。まさか元慰安婦のおばあさんを金銭的な問題で利用していないよね?」「詳しいことはよく分からないが、グァンロさんが本当にクァクおばあさんのことを考えているのなら、自分1人で告訴するべき。おばあさんが大変そうに見える」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

Record China

トピックスRSS

ランキング