世界を驚かせた日本代表サポーター、韓国でも称賛の嵐=「美しい」「当たり前に行なっているところがかっこいい」

Record China / 2018年6月21日 21時10分

写真

20日、韓国メディア・SPOTVNEWSは、19日に行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本の初戦について「試合もマナーも勝利した」と伝えた。資料写真。

2018年6月20日、韓国メディア・SPOTVNEWSは、19日に行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本の初戦について「試合もマナーも勝利した」と伝えた。

日本は初戦でコロンビアと対戦。香川と大迫のゴールにより2-1で勝利し、勝ち点3を手にした。W杯でアジア勢が南米勢に勝つのは初めてのこと。

また記事は、試合後に日本人サポーターがスタジアムのごみを拾い、きれいに清掃していたことを伝え、「先進国はやはり先進国だ」と称賛している。スタジアムにいた他国のサポーターからも「W杯の試合で最も印象的な場面だった。日本対コロンビアの試合で人生の教訓を得た。日本人サポーターは素晴らしい」と驚きの声が上がったという。

これについて、日本在住のサッカー専門家スコット・マッキンタイアさんは「サッカー文化ではなく日本文化の一部分。サッカーがその国の文化を表すというが、日本文化の重要なポイントは全てがきれいで清潔だということ。スポーツの大会、特にサッカーではそういう部分が顕著になる」と述べた。大阪大学のスコット・ノース教授は「日本人の試合後の清掃は、幼いころに学校で学んだ基本的な習慣の延長。日本の子供たちは教室や体育館を掃除する。幼少期に覚え込まされることで、多くの日本人は後片付けが習慣になっている」と述べたという。

これについて、韓国のネットユーザーからも「美しい」「韓国も学ぼう」「きれい好きな国民性は本当に見習いたいところ」「習慣のように当たり前に行なっているところがクール!」など称賛の声が相次いでいる。

また「韓国ではアイスのごみを道に捨てる子どもたちをよく見かけるのに」「韓国の野球場は試合後、ごみであふれかえっている」など韓国と比較する声も。

その他「日本に旅行に行くと、本当にごみが落ちていない。あまりにきれいで道に痰を吐くことができなかった」「韓国も試合に勝てば…。ごみを拾い、床の雑巾掛けまでして帰るのに!」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

Record China

トピックスRSS

ランキング