スマホ拾った中年女性、持ち主に高額謝礼要求も拒否され意外な行動に―中国

Record China / 2018年6月27日 19時30分

写真

23日、澎湃新聞は、「スマートフォンを拾った中年女性が持ち主に高額の謝礼を要求したが拒否され、意外な行動に出た」と伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年6月23日、澎湃新聞は、「スマートフォンを拾った中年女性が持ち主に高額の謝礼を要求したが拒否され、意外な行動に出た」と伝えた。

記事によると、浙江省杭州市で、若い女性のスマートフォンを中年女性が拾った。若い女性は謝礼として楊梅1箱と500元(約8500円)を渡すと提案したが、中年女性は2000元(約3万4000円)出さないとスマホは返さないと要求してきたという。

若い女性は、長く使っているスマホでどうしても取り戻したいが、500元しか手元に無く、謝礼としては十分だろうと中年女性と交渉しているが、中年女性は「だったら1000元だ」と要求。交渉が成立しなかったため、若い女性が警察へ通報しようとしたところ、中年女性は怒ってこのスマホを地面にたたきつけてしまった。スマホの画面は粉々に砕けており、記事はこの過程を撮影した動画も一緒に掲載している。

これに対し、中国のネットユーザーから「典型的なゆすりじゃないか。これは訴えた方がいい」「こういう人は直接拘留しちゃっていい。遠慮はいらない」「拘留しろという意見もあるが、この場合は刑罰を科すべきだ。他人の財産を着服して返さず、恐喝し、故意に他人の財産を破壊している」など、厳しい処罰を求めるコメントが多く寄せられた。

また、「このおばちゃんの民度はひどいな」「こういうおばちゃんは、どんな法律で管理したらいいのだろう」「落としたのがスマホで良かったな。これが子どもだったら殺害されているぞ」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング