村田製作所の値上げでスマホが値上がり?中国ネットは「なんて良心的」と称賛

Record China / 2018年7月11日 15時10分

写真

10日、新浪財経は、村田製作所がセラミックコンデンサを値上げすると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年7月10日、新浪財経は、村田製作所がセラミックコンデンサーを値上げすると伝えた。

記事は、セラミックコンデンサーが電子製品の核心部品であることを説明し、全製品で2~3割値上げされることを紹介。「同社は、世界のセラミックコンデンサーのシェアで4割を占めており、アップルやファーウェイ、ZTEなどのスマートフォンに使用されている。これは、2000年のITバブル以来18年ぶりの値上げだ」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「18年で2~3割の値上げだけだなんて、なんて良心的な企業だ」「18年も値上げしなかったとは、国内の住宅価格やガソリン代より良心的」「良心的な企業だ。18年ぶりの値上げだぞ。中国だったら18年で20倍でも合理的だ」など、称賛するコメントが多く寄せられた。

また、「日本製品ボイコット…。待て待て、スマホが買えなくなってしまうからボイコットできないな」「日本製品ボイコットが愛国行為だと信じている同胞たちは見たか?。君のスマホには日本製品が入っているんだよ」などと指摘するユーザーもいた。

ほかには、「中国はこういう業界でリードする企業に欠けている」との意見や、「セラミックコンデンサーなんて安い部品だろ。値上げといってもたいした額にはならない」との主張もあった。(翻訳・編集/山中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング