東京五輪チケット、最高価格は開会式の30万円―中国メディア

Record China / 2018年7月23日 17時10分

写真

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、東京五輪のチケット価格概要を発表した。開会式は1万2000~30万円で、競技は一番安いのがサッカーなどの2500円で、最高は陸上の13万円だ。写真は東京五輪のエンブレム。

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、東京五輪のチケット価格概要を発表した。開会式は1万2000~30万円で、競技は一番安いのがサッカーなどの2500円で、最高は陸上の13万円だ。チケットの販売は来年春から公式販売サイトで始まる。

報道によると、大半の競技に4000円以下のチケットがあり、全体の半分以上が8000円以下に設定された。競技で最高の陸上に続いたのは、競泳とバスケットボールの10万8000円、バレーボールの8万1500円、体操の7万2000円、サッカー・野球の6万7500円、柔道・テニスの5万4000円だ。

その他、東京五輪・パラリンピックでは、家族連れや障害者を含めたグループ、小中高校生向けに企画されたチケットを開催する2020年にちなんだ1枚2020円で販売する。

「企画チケット」には2種類あり、12歳以下の子どもや60歳以上の高齢者、それに障害のある人を含むグループ向けのチケットと、日本全国の小学校、中学校、高校、それに特別支援学校を対象にした学校単位の団体チケットで、オリンピックとパラリンピック合わせて100万枚以上の規模で販売する。組織委員会は、開会式や閉会式のほか、各競技の主に予選を対象に販売する方針だ。

日本勢の活躍が期待される柔道やレスリング、卓球などは12年ロンドン大会、16年リオデジャネイロ大会よりも高めになった。今後は、富裕層向けにお土産や飲食サービスなどの付いた「ハイグレードチケット」を設ける予定だ。そのため最高は4500ポンド(約66万円)だったロンドン大会に近い価格となる見通しだ。車いす席の入場券については別途、発表するという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング