日本で「苔ガール」が増加、山に行って苔観察するプログラムも人気―中国メディア

Record China / 2018年8月5日 0時0分

写真

近年、日本では苔に夢中になる女性が増加しており、山に行って苔を観察して、その知識を深める散歩プログラムなどが人気となっている。

近年、日本では苔(コケ)に夢中になる女性が増加しており、山に行って苔を観察して、その知識を深める散歩プログラムなどが人気となっている。

苔を観察するプログラムに参加する人たちは、トレッキングウェアを着て、ルーペや写真撮影用のスマホ、筆記用具を手に、経験豊富なガイドと共に山の中へ行き、苔を至近距離で観察する。

苔は、日本庭園では欠かせない存在で、大きな庭園だけでなく、小さな盆栽でも、苔を使って情緒ある雰囲気が作り出される。土や岩の上が深緑の苔で覆われていると、深く趣のある雰囲気となり、見る人の心を癒してくれる。苔を観察するプログラムが人気になったことで、一般の人が、「脇役」的存在でありながらも、重要な役割を担っている苔に触れ、それに関する知識を増やすことができるようになった。そして、苔だけでなく、生態環境の保護にもつながる。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング