中国外相、米国を名指し非難「南シナ海軍事化の最大の推進者」―米華字メディア

Record China / 2018年8月5日 12時10分

写真

4日、中国の王毅外相は、シンガポールであった東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外相会議に出席後の記者会見で、南シナ海問題をめぐり米国を名指しで非難した。写真は王外相。

2018年8月4日、米華字メディアの多維新聞は、中国の王毅(ワン・イー)外相が、シンガポールであった東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外相会議に出席後の記者会見で、南シナ海問題をめぐり米国を名指しで非難したと報じた。

記事によると、王外相は「米国は大規模な軍事力を頻繁に南シナ海に展開し、武力を誇示し、中国を含むこの地域に安全保障上の脅威と圧力を与え、この地域の軍事化の最大の推進者になっている」と非難した。

その上で「絶えず増強される軍事的な脅威や圧力に対し、中国は当然、国際法に基づく自衛権を行使する。防御的な設備に『軍事化』のレッテルを貼ることは、白を黒と言いくるめるようなものだ」とした。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング