なぜ高速鉄道は乗客を待ってくれないのか―中国メディア

Record China / 2018年8月8日 15時0分

写真

6日、中国中央テレビの経済チャンネルは、中国の高速鉄道は「乗り遅れそうな客を待つことはできない」と伝えた。写真は中国高速鉄道。

2018年8月6日、中国中央テレビの経済チャンネルは、中国の高速鉄道は「乗り遅れそうな客を待つことはできない」と伝えた。

記事は「高速鉄道で、ある乗客が家族を待つために車両のドアを遮って出発できないようにしたというニュースがあった。このような状況は、鉄道の運行にどんな影響をあたえるのだろうか」とした。

今年1月、安徽省合肥市の高速鉄道駅で、家族が列車に乗り遅れそうだとして女性教師がドアを占領し、閉まるのを妨害するトラブルが起きた。同じ列車に乗る予定だった夫は、駅の改札にすら間に合わないほど遅れていたが、女性が「もうすぐ来る」と駄々をこね続けた上、夫をホームに入場させるよう要求。結局夫は入場して列車に乗り込んだが、この影響により列車に10分以上の遅れが出たという。

記事が提起した疑問に対し専門家は「高速鉄道を含むすべての鉄道は運行計画やダイヤグラムを基に運転している。特に今の高速鉄道は運行密度が高く、北京南駅のピーク時には5分に1本出発する。もし人為的な原因で列車が遅れれば、後続列車にも影響が出る。さらに長引けば他の路線への影響も起こり得る」とした。

そして、「くれぐれも遅延を起こすようなことをしないでほしい。鉄道の運営全体に影響を及ぼすとともに、ダイヤの調整に莫大な労力を費やすことになるからだ。目的の列車に間に合わなかった場合は、別の列車に変更してほしい」と注意を呼び掛けている。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング