スターバックスとアリババ、新小売事業で戦略提携―中国

Record China / 2018年8月7日 13時30分

写真

米コーヒーチェーン大手のスターバックスは阿里巴巴とこのほど上海市で新小売事業における全面的な戦略提携を結ぶことを発表した。写真はスターバックス。

統計データによると、2017年のデリバリーサービス利用者数は3億人を、その市場規模は2000億元(約3兆2500億円)を上回っている。新小売方式の振興は従来型の小売りを続ける実店舗に多大なプレッシャーを与えている。米コーヒーチェーン大手のスターバックスは阿里巴巴(アリババ)とこのほど上海市で新小売事業における全面的な戦略提携を結ぶことを発表した。

9月中旬からスターバックスは北京と上海の300店舗でアリババ傘下のオンラインデリバリープラットフォーム「Elema」によるデリバリー業務を開始させる計画で、今年度末までには中国の30都市以上をカバーしているスターバックス2000店舗以上で同サービスを展開させる計画だ。

また、こうしたデリバリーサービスは両社の提携分野の一つに過ぎない。近い将来、新たに立ち上げられることになるスターバックスのオンライン新小売スマート店舗が「Elema」や「盒馬鮮生」、「タオバオ」、「アリペイ」、「口碑」などのプラットフォームやスターバックス独自のアプリなどを通じて、消費者に全く新しいデジタル体験をもたらすことになるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/TK)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング