四川省で体長25.8センチの蚊を発見、世界最大の蚊に認定―中国メディア

Record China / 2018年11月8日 1時20分

写真

成都華希昆虫博物館がこのほど四川省の青城山で発見した1匹の巨大な蚊が、世界最大の蚊として認定された。

成都華希昆虫博物館がこのほど四川省の青城山で発見した1匹の巨大な蚊が、世界最大の蚊として認定された。中国新聞網が伝えた。

成都華希昆虫博物館の趙力(ジャオ・リー)館長によると、この蚊は2017年8月に成都青城山で採集したもので、今年4月に標本にした後に体長を計測したところ、羽を広げた時の長さがなんと11センチメートルになり、世界記録を更新した。趙館長は5月、関連資料をギネス世界記録本部に提出。6月上旬にはギネス世界記録の規則に基づいて再計測が行われた。そして5カ月に及ぶ審査の結果、ついにギネス世界記録の専門チームは同標本を世界最大の蚊に認定した。足を広げた時の長さが25.8センチメートルとなり、英国専門家が打ち立てた23センチメートルの世界記録を上回った。(提供/人民網日本語版・編集/TK)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング