韓国高速鉄道脱線事故で文大統領が謝罪「恥ずかしく、みっともない」=韓国ネットは怒り収まらず

Record China / 2018年12月11日 10時20分

写真

10日、韓国・ニュース1は、今月8日に発生した韓国高速鉄道江陵線の脱線事故について、文在寅大統領が「恥ずかしく、みっともないこと」だと指摘したと報じた。写真はKTX。

今月8日に発生した韓国高速鉄道(KTX)江陵線の脱線事故について、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、大統領府で開かれた首席補佐官会議で「恥ずかしく、みっともないこと」だと指摘し、鉄道に対する国民の信頼を回復できるよう対策を要請した。韓国・ニュース1が同日報じた。

記事によると、文大統領は「KTX江陵線は開通から1年しか経っていない。老朽施設だけでなく、新しい施設も改めて点検する必要がある」「この事故は、私たちの日常は果たして安全なのかという根本的な不信を国民に与えた」などと述べた。

また「安全権を国民の新たな基本権に掲げている政府として国民に対し申し訳なく、恥ずべき事故だ」と強調し、負傷者や影響を受けた人々への謝罪の言葉を述べた。韓国の交通インフラが海外に進出していることにも触れ、「活発な進出を進めている中で、恥ずかしいことだ」とも述べた。さらに国土交通部に対し、最近相次いでいる大小の鉄道事故を含め「事実を重視し、徹底した原因究明と再発防止に向けた対策を講じてもらいたい」と要請したという。

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「文在寅氏がこの国の大統領だということが、恥ずかしくみっともない」という批判の声が殺到。「北朝鮮に対して恥ずかしいのか?」「何だか他人事だな。自分が責任を取るべきでは?」「呉泳食(オ・ヨンシク)をコネで韓国鉄道公社(KORAIL)の社長にしたのは大統領だ」などというコメントが寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

Record China

トピックスRSS

ランキング