「日本の竹島領有権主張を裏付ける文献は1つもない」=国際フォーラムで韓国教授が主張

Record China / 2018年12月13日 11時20分

写真

12日、韓国・世界日報によると、ソウルで「2018独島国際フォーラム」が開催され、ソウル大学名誉教授が「独島が日本固有の領土だという主張を裏付ける古文献は1つも見つかっていない」と主張した。写真は竹島。

2018年12月12日、韓国・世界日報によると、ソウルで11日に開催された「2018独島国際フォーラム」で、ソウル大学のシン・ヨンハ名誉教授が基調演説の中で「独島(日本名:竹島)が日本固有の領土だという日本の主張を裏付ける古文献は現在までに1つも見つかっていない。日本が広報しているものは全てうそで、むしろ韓国の領土であることを証明する資料だった」と主張した。

シン教授は、日本側の主張の根拠について細かく反論し「安倍政権は軍事大国化を推し進めると同時に、独島侵奪政策を強化している。韓国もより積極的に対策を講じ、実行すべきだ」と強調したという。

フォーラムは世界日報が主催し、嶺南大学が主管、教育部、海洋水産部、慶尚北(キョンサンプク)道が後援した。「東アジアの領土観念と独島」をテーマに、韓国、中国、日本、ロシアから多数の専門家が出席。日本からは名古屋大学の池内敏教授が出席し発表を行ったという。

総合討論では「日本がロシア、中国、韓国など周辺国との領有権をめぐる争いをやめないのはなぜか」との質問が上がった。これにロシア・太平洋国立大学の教授は「第2次世界大戦の結果を再解釈しようという意図ではないか」との見解を示し、「歴史に見られるように、2国間のささいな対立が大きな戦争につながり得る。日本はそれを肝に銘じるべきだ」と述べたという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは日本批判の声が多数寄せられているほか、「真の愛国者だ。こうして根拠をもって対応すれば相手は手も足も出せない」「軍事的に対応態勢を整え、民間の主催でこうした学術大会を積極的にやるべき」「韓国内だけでほえずに、海外に出ていってほえるべきだ」など、同教授を支持する意見も見られた。また「この論争のピリオドはいつ打たれるのだろう。長引くほど日本に有利ではないのか」「独島は韓国のもの、尖閣諸島は中国のもの、北方領土は日本のもの」というコメントも上がっている。(翻訳・編集/麻江)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング