東南アジアの人たちが抱く「日中韓のイメージ」とは?=韓国ネットは「不思議」「涙が出る」

Record China / 2018年12月18日 11時10分

写真

17日、韓国・中央日報によると、東南アジアの9カ国を対象に実施された韓国、日本、中国に関するイメージ調査の結果、韓国と聞いて真っ先に浮かぶイメージは「K-POP」だったという。資料写真。

2018年12月17日、韓国・中央日報は、東南アジアの9カ国を対象に実施された韓国、日本、中国に関するイメージ調査の結果を報じた。韓国と聞いて真っ先に浮かぶイメージは「K-POP」だったという。

記事によると、調査は大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が行ったもの。インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、ミャンマー、マレーシア、カンボジア、ラオス、シンガポールの一般人、ビジネスマン、バイヤー1734人に、韓国、日本、中国の9大消費財産業(家電、携帯電話、自動車、衣類デザイン、音楽、映画・ドラマ、飲食品、化粧品・ファッション用品、医薬品・医療)についてのイメージを尋ねた。

その結果、韓国を代表するイメージの1位は「K-POP」、2位は「ワーカホリック(仕事中毒)」、3位は「高麗人参、紅参」、4位は「キムチ」、5位は「質のいい製品」だった。また9位に企業として唯一「サムスン」が入った。

日本の1~5位は「自動車」「すし」「漫画・アニメ」「強大国・先進国」「ソニー・電子製品」、中国の1~5位は「経済成長」「質のいい製品」「北京」「模造品」「安価な製品」だった。

一方、3カ国の否定的なイメージは、中国が「公害」「違法な模造品」、日本は「福島原発事故」、韓国は「ワーカホリック」だったという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「ワーカホリックになりたくてなるのではないのに、悲しいな」「ワーカホリックなら、そんなに悪くないとも言えるけど…。涙が出る」「先進国と認識しているのは日本だけなのか」「整形が入ってないのが不思議だ。韓国は3カ国のうち整形している人の割合が圧倒的に高いはずなのに」「東南アジアの水準だと、中国製品でも『質がいい』のか?」「いい回答をしてくれたんだな(笑)。否定的なイメージは絶対に『整形』と「人種差別』のはずなのに」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング