中国の人気観光地でごみ散乱、ネットでは「環境保護」と「伝統文化の保存」で意見分かれる

Record China / 2019年2月8日 20時50分

写真

6日、中国の河南省周口市淮陽県にある人気スポットでは、旧正月の5日に多くの人が訪れたのだが、ごみが散乱したことが中国のネットで物議を醸している。

2019年2月6日、中国の河南省周口市淮陽県にある人気スポットでは、旧正月の5日に多くの人が訪れたのだが、ごみが散乱したことが中国のネットで物議を醸している。

話題となったのは同県にある「太昊陵」。この場所は「三皇」時代の神・伏羲を祭った廟で、過去に1日で82万人が参拝したとして話題になった人気スポット。問題となったごみのポイ捨てだが、捨てられていたのは金色などの紙で折られたお金で、神様へのお供え物として廟内で焼くために観光客が持参したもの。ただ、今年から同廟では環境保護の観点から敷地内でお供え物を焼く行為を禁止したため、多くの観光客が門の前にポイ捨てしたという。

この現状について現地住民の女性は、「お供え物の持ち込みが禁止されたのは今年から。近くに住んでいる人は知っているが、遠方から来る観光客は知らない人が多いのだろう」と語っている。動画はネットで注目され、「環境保護のためにもお供え物を焼くことは禁止したほうがいい」「ポイ捨てするなんて民度が低すぎる」と否定的な意見が聞かれた一方、「お供え物を焼く行為は中国の伝統的な参拝方法で、環境に対する影響は工場などに比べれば大したことないと思う」「ポイ捨てを批判する声があるが、お供え物の持ち込みが禁止なら施設側はもっと注意喚起をすべきではないのか」と伝統文化が失われるのはよくないと語る声や、施設の対応に問題があると指摘する意見も少なくなかった。(翻訳・編集/内山)

Record China

トピックスRSS

ランキング