日本と韓国、慰安婦問題めぐり摩擦絶えず―中国メディア

Record China / 2019年2月16日 23時30分

写真

韓国の文喜相国会議長が先日、慰安婦問題について日本の天皇の謝罪を求める発言をしたことは、日本側に強い不満を引き起こし、謝罪と発言の撤回を求める声が高官から相次いでいる。写真はソウルの慰安婦像。

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が先日、慰安婦問題について日本の天皇の謝罪を求める発言をしたことは、日本側に強い不満を引き起こし、謝罪と発言の撤回を求める声が高官から相次いでいる。慰安婦問題以外にも、第2次大戦時の韓国人労働者強制徴用(徴用工)問題、係争領土問題、レーダー照射事件などで、日韓関係は最近摩擦が絶えない。こうした問題をめぐる日韓間の溝は深く、両国関係の緩和は短期間には困難だとの分析がなされている。

韓国・聯合ニュースによると、文氏は8日にメディアのインタビューで「首相、もしくは近く退位する天皇が元慰安婦の手を握り、謝罪の言葉を伝えれば問題はすっかり解消されるだろう」と述べた。この発言は日本側に強い不満を引き起こし、安倍晋三首相、河野太郎外相、菅義偉内閣官房長官らが強い抗議を表明し、文氏に謝罪と発言の撤回を求めた。

韓国外務省の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は12日の定例記者会見で「日本側は誠意を示し、慰安婦被害者の名誉と尊厳を回復し、その心の傷を癒すべきだ」と強調。「韓国政府は歴史の残した問題を適切に解決し、未来志向の韓日関係を発展させるべく尽力する」と強調した。

韓国の元慰安婦の金福童(キム・ボクトン)さんが1月28日、93歳で他界した。韓国政府が認定登録した慰安婦被害者238人のうち、健在なのは23人だけだ。韓国与党「共に民主党」の報道官は「慰安婦被害者の恨(ハン)を晴らし、涙を拭うことのできる時間は残りわずかとなった。日本政府の誠実な謝罪と賠償があって初めて、慰安婦問題の真の解決は可能だ」との考えを示した。野党「自由韓国党」の報道官も日本政府の歴史認識に深い遺憾の意を表すとともに、速やかに謝罪して慰安婦問題解決の対策を定めるよう日本側に促した。

歴史問題をめぐる日韓間の争いは長年にわたる複雑なものであり、解決は決して容易ではないとの分析がなされている。外交で波風が絶えず、双方共に不信感を募らせる中、世論は日韓関係が短期間で改善されることについて楽観視していない。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング