中国軍艦3隻、対馬海峡で海上自衛隊艦艇に追跡監視される―中国メディア

Record China / 2019年2月18日 11時10分

写真

17日、中国メディアの観察者網は「中国の軍艦3隻が対馬海峡で海上自衛隊の艦艇に追跡監視された」と報じた。写真は中国のミサイル護衛艦「臨沂」。

2019年2月17日、中国メディアの観察者網は「中国の軍艦3隻が対馬海峡で海上自衛隊の艦艇に追跡監視された」と報じた。

記事は、日本の防衛省の統合幕僚監部が17日、「2月15日午後7時ごろ、海上自衛隊第3ミサイル艇隊所属『しらたか』と第13護衛隊所属『さわぎり』が、福江島の北西約100kmの海域を北東進する中国の軍艦3隻を確認した」と発表したことを紹介した。

そして「日本側が撮影した写真によると、中国の軍艦3隻とは、ミサイル駆逐艦『烏魯木齊』(ペナントナンバー118)、ミサイル護衛艦『臨沂』(同547)、ミサイル護衛艦『日照』(同598)だ」とし、「海上自衛隊の追跡監視によると、3隻は対馬海峡を北上し日本海に向けて航行したことが確認された」とした。

記事はまた、「昨年12月7日にも、中国海軍の艦艇1隻が宮古海峡を通過して太平洋へ進入した際、海上自衛隊は艦艇と航空機を緊急出動させ、中国海軍艦艇を追跡監視したことがある」とも伝えた。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング