日本の支援伝えたドキュメンタリーが中国で話題=「知らなかった」「感謝する」―中国メディア

Record China / 2019年2月19日 11時20分

写真

18日、海外網は、日本で放送された中国改革開放を支えた日本人に関するドキュメンタリー番組に対して、中国からも反響が出ていることを伝えた。資料写真。

海外網は18日、「このドキュメンタリーが人気!登場する日本人たちには、私たちがありがとうという価値がある」と題する記事を掲載。日本で放送された中国改革開放を支えた日本人に関するドキュメンタリー番組に対して、中国からも反響が出ていることを伝えた。

記事が紹介したのは10日にNHKのBS1で放送された「中国“改革開放”を支えた日本人」。記事は、「1978年より始まる改革開放に自ら参加した日中両国の関係者へのインタビューとともに、当時の貴重な映像や歴史資料を通じ、改革開放初期に中国が社会主義市場経済を導入する中で貢献した日本人の取り組みを紹介している」と伝えた。

そして、総合的品質管理(TQC)を中国に持ち込んだコマツの河合良一元社長、宝山製鉄所の建設に参加した新日鉄の稲山嘉寛元会長、日本政府による中国への政府開発援助(ODA)に関わった大来佐武朗元外相、さらに78年10月のトウ小平氏来日時に接待をした新日鉄の関沢秀哲元副社長など、同番組では多くの事例が取り上げられたと紹介している。

そのうえで、このドキュメンタリーを見た日本のネットユーザーから「皆さんに共通していたのは、中国を尊敬していたことと、日中戦争での加害者意識を持っていたこと」「日中の友好関係のために奮闘した人たちに敬意を」との声が上がったほか、中国のSNS上でもこのドキュメンタリー動画が拡散し、ネットユーザーから「日本がこうやって中国を支援していたとは知らなかった」「当時の日本の友人に感謝する」「日中友好こそ大勢の赴くところだ」といった称賛が寄せられていると伝えた。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング