スリランカに初の現代鉄道、「中国企業が夢かなえた」と中国メディア

Record China / 2019年4月10日 7時0分

写真

8日、中国新聞網は、スリランカ南部鉄道が開通したことについて、「中国企業が夢の実現を助けた」と報じた。

2019年4月8日、中国新聞網は、スリランカ南部鉄道が開通したことについて、「中国企業が夢の実現を助けた」と報じた。

中国鉄建中鉄第五勘察設計院集団が設計したスリランカ南部鉄道の第1期工事区間が8日に開通した。この路線はインド洋の海岸線近くを走り、第1期区間は26.75キロ、設計時速は120キロとなっている。記事によれば、スリランカでは1928年を最後に新規の鉄道路線が建設されておらず、中国の支援による今回のプロジェクトは約1世紀ぶりの新規路線だという。

記事は、同鉄道の設計や建設に関する苦労話を紹介。熱帯モンスーン気候に属するスリランカでは毎年夏と冬に雨季があり、大量の雨に耐えられる排水規格が必要だったこと、また現地住民の70%以上が仏教徒で、鉄道沿線には多くの仏教寺院が存在するため、文化的、宗教的な側面と市民の日常的な外出をすべて考慮に入れた路線計画が必要だったことを説明した。

また、建設においては地盤処理、構造物の計算などにおいて中国の基準に基づく先進的で効率の高い計算方法を採用し、スリランカ側から評価を得たとも伝えている。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング