差別が原因?米航空学校の寮で中国籍男性が自殺―中国メディア

Record China / 2019年4月23日 7時50分

写真

21日、揚子晩報は、米テキサス州デントンにある航空学校の宿舎内で中国人学生が自殺したと報じた。資料写真。

2019年4月21日、揚子晩報は、米テキサス州デントンにある航空学校の宿舎内で中国人学生が自殺したと報じた。

記事によると、16日に江蘇省出身の中国人学生が宿舎内で自殺した。「学校側の待遇に不満があった」と報じられている。この航空学校は中国民航総局の認証を取得しており、中国の航空会社のパイロットに対する教育を行う資格を持っていたとのことで、学生は基本的に中国からやってくるという。

そのうえで、自殺した学生について「南京航空航天大学で飛行技術を学んだ後、深セン航空と契約して養成員になった。飛行免許取得の段階になり、会社がこの航空学校に派遣した」と伝えている。

また、関係者の話として、「自殺した学生はすでに学校に1年通っていたにもかかわらず依然として仮免許の段階で、異常なまでに時間がかかっていた」とした。さらに、「周囲の学生の話では特に不良な評価はなく、日常生活面でも感情コントロールや管理能力といった点でパイロットとして適切だった」と説明した。

一方で、「飛行訓練時には教員が積極的な措置をとって解決を支援しようとせず、学生が再三にわたり飛行訓練で不公平な待遇を受けたと申し出ていたにもかかわらず、学校側は取り合わなかった」としている。

記事は「この学生の研修進度が非常に遅かったことは、学校の盲目的な学生募集に伴う深刻な教育能力不足と関係している可能性がある。学校の教員や設備は中国人学生の正常な学習を保障できておらず、多くの学生が数カ月間飛行訓練ができないという状況も発生していたようだ」と伝えた。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング