「中国は“白人”ではない」発言に警鐘=中国との「文明」の勝負は危険―米紙

Record China / 2019年5月8日 5時50分

写真

米華字メディア・多維新聞は5日、米国務省のキロン・スキナー政策立案局長の「イデオロギーを異にする中国との文明の衝突に備える」という発言に対して米ワシントン・ポスト紙が「欠陥があり、危険だ」と反論していることを報じた。資料写真。

米華字メディア・多維新聞は5日、米国務省のキロン・スキナー政策立案局長の「イデオロギーを異にする中国との文明の衝突に備える」という発言に対して米ワシントン・ポスト紙が「欠陥があり、危険だ」と反論していることを報じた。

スキナー政策立案局長は4月30日、「中国は米国にとって初めての、異なるイデオロギーを掲げる強大なライバルであり、我々は『非白人』国家である中国との文明の衝突に備えるべきだ」と発言した。これに対して米ワシントン・ポスト紙は「中国人が白人でないがゆえに『文明的衝突』が起こるとする論には欠陥があり、非常に危険だ」と反論した。

同紙は「文明的背景を根拠としたイデオロギーを米中の競争の中心とみなすのがそもそも間違っている。かつて米国と争ったナチス・ドイツやソ連との間にはイデオロギーの対立がなかったと言うのか」と指摘。「スキナー氏は『冷戦は西側諸国の“身内同士”で起こったのであって、文明の衝突が原因で起こったのではない』と主張しているが、文明に基づいて国家をカテゴリー化するというやり方自体、アイデンティティーの多様性や偶発性を無視している」と述べた。

またスキナー氏の「中国は米国にとって初めての『非白人』ライバルである」という発言に対しても、「結局のところ、この議論はイデオロギーでも文明でもなく、人種の問題。冷戦の相手だったソ連と異なり、中国は白人主体の国ではないのだから従来のやり方を当てはめるべきではない」「さらに初めての『非白人』ライバルという言い方もおかしい。第二次大戦以前は日本も米国にとって強大なライバルであったが、『日本人は人種的に異なるため対等に扱われることはない』とみなされていた」と批判した。

スキナー氏の発言が米国内でも批判を浴びていることについて、6日の定例記者会見で質問を受けた中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は、「『文明的衝突』、ひいては人種主義の観点から米中関係を扱うなど荒唐無稽であり、批判されて然るべきだ」とし、「これまでの歴史や現実を鑑みれば明らかなように、中国と米国は『和すれば共に利し、争えば共に傷つく』関係だ。我々にとって協力こそが唯一の正しい選択肢である。関係者には時代遅れの冷戦思想やイデオロギー、人種差別を排除して、正しく米中関係に向き合ってほしい」とコメントした。

ワシントン・ポストは「今後、米中の人種的な差異に焦点を当てた外交政策を米国が展開すれば、中国では強硬派の力が強まり、政府がより過激な外交手段を採ることを支持するようになるだろう」と予測している。(翻訳・編集/岩谷)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング