香港大に「米軍による中国大使館砲撃20周年を祝う」の貼り紙、ネットに怒り殺到―中国メディア

Record China / 2019年5月9日 14時30分

写真

中国版ツイッターのウェイボーに7日、香港大学の構内に「米軍による在ユーゴスラビア中国大使館砲撃20周年を祝う」と書かれた紙が貼られているとの写真付きの投稿があり、ネットユーザーから怒りの声が上がっているという。

2019年5月8日、中国メディアの環球網によると、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)に7日、香港大学の構内に「米軍による在ユーゴスラビア中国大使館砲撃20周年を祝う」と書かれた紙が貼られているとの写真付きの投稿があり、ネットユーザーから怒りの声が上がっているという。

旧ユーゴスラビア連邦セルビア共和国のコソボ自治州(当時)独立をめぐり、北大西洋条約機構(NATO)は1999年3月から6月までユーゴスラビア空爆を続けたが、同年5月7日には、米軍の爆撃機によってベオグラードの中国大使館が空爆され、館内にいた3人が死亡し20人以上が負傷するという事件が起きた。

環球網は、この貼り紙について、「中国本土のネットユーザーからは怒りの声が上がり、香港のネットユーザーからは香港大に対し調査と当事者の処分を求める声が上がっている」などと伝えた。投稿者がこの紙を目撃したのは7日午前8時30分で、環球網が8日午後に香港大に問い合わせた際には、紙は貼られていなかったという。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング