中国のスマートスピーカー出荷台数500%成長、世界シェア米国抜く―中国メディア

Record China / 2019年5月24日 5時40分

写真

22日、中国メディアの環球網は、市場調査会社Canalysによると、中国のスマートスピーカーの出荷台数は2019年第1四半期に500%成長し、米国を抜いて世界市場シェア51%を占めたと報じた。

2019年5月22日、中国メディアの環球網は、市場調査会社Canalysによると、中国のスマートスピーカーの出荷台数は2019年第1四半期に500%成長し、米国を抜いて世界市場シェア51%を占めたと報じた。

それによると、2019年第1四半期の世界のスマートスピーカー市場は131%成長の2070万台。中国は1060万台で、米国は500万台だった。米国のシェアは2018年第4四半期の44%から24%に低下した。

ブランド別出荷台数では、Amazonが460万台、Googleが350万台、中国のBaidu(バイドゥ、百度)が330万台、中国のAlibaba(アリババ、阿里巴巴)とXiaomi(シャオミ、小米)がともに320万台で続いた。

中国市場での出荷台数では、Baiduが初めて首位となった。Canalysの分析によると、Baiduが旧正月に、「中国版紅白歌合戦」ともいわれる中国中央テレビの娯楽番組のスポンサーとなり、視聴者にクーポンを大量配布するなどして認知度を高めたことによるものだという。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング