中国の消防ドローン、森林火災で大活躍―中国メディア

Record China / 2019年5月26日 13時0分

写真

西北工業大学航空学院の李占科准教授が率いる特殊消火ドローン研究チームはこのほど、小型森林火災消火弾の地上爆破・拡散実証実験、及びドローンによる高空からの精密地上付近爆破・拡散実証実験に成功した。資料写真。

西北工業大学航空学院の李占科(リー・ジャンコー)准教授が率いる特殊消火ドローン研究チームはこのほど、小型森林火災消火弾の地上爆破・拡散実証実験、及びドローンによる高空からの精密地上付近爆破・拡散実証実験に成功した。今回の実証実験は主にドローンの消火弾高空投下技術、消火弾の遅延地上付近爆破技術、消火弾の地上・空中拡散性能といった、森林消火ドローンに関わる重要な技術問題の原理を検証・実験した。科技日報が伝えた。

ドローンは機動性と柔軟性が高く、垂直離着陸が可能で、場所や地形の制限を受けず消火弾を運び森林に駆けつけ、消防補助救援を行うことができる。既存の森林消防装備の不足を補うことができる。今回の実証実験で使用された小型森林消火ドローンの高耐荷重マルチローター飛行プラットフォーム、小型森林消火弾、消火弾高空投下・遅延地上付近爆破システムは、いずれも同チームが完全に独自設計・開発したものだ。

李氏は、「このドローンは構造、空気力学、モーター、発電機、ローター動力、バッテリーエネルギー、飛行制御などのシステムを総合的に考慮し、共同モジュール構築分析及びシミュレーションを行った。マルチローター飛行プラットフォームの火災現場の複雑な環境及び気象条件下における高耐風安定飛行能力を実現した。森林消火弾の外殻の材料は、軽量で脆い、分解可能な高分子難燃材料を採用している。消火弾の消火剤搭載量と消火能力を効果的に高め、環境汚染を軽減した。消火弾はセパレートタイプで、保管・輸送時に切り離しておき、投下前に合体させる。誤爆を防止し、安全性を保証することができる」と説明した。

消火弾の導爆線にも「二重の保険」がかけられている。接触信管と遅延信管の二重爆破設計を採用し、消火作業中に不発弾が生じることを回避することにより、現場の後の作業の安全リスクを解消している。

消防ドローンにはさらに優れた「眼力」を持っている。レーザー測距照準及び遅延センサーを組み合わせることで、消火弾の空中爆破及び拡散の高度を正確にコントロールし、森林の地上と梢の効果的な消火を実現できる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング