ヒーロー現る!?走るトレーラーに飛び乗り、緊急停車し危険を回避―中国

Record China / 2019年5月29日 20時10分

写真

インターネットに投稿されたある動画が23日、中国で一気に拡散され、瞬く間に人気検索ワードランキングのトップ3に入り、動画に寄せられた「いいね!」の数は延べ539万回以上に達した。

インターネットに投稿されたある動画が23日、中国で一気に拡散され、瞬く間に人気検索ワードランキングのトップ3に入り、動画に寄せられた「いいね!」の数は延べ539万回以上に達した。人民日報が伝えた。

そのスリリングな一幕が生じたのは22日早朝。現場を通りかかった男性の車のドライブレコーダーによると、浙江省温州市文成県のある道路区間の下り坂で、1台の大型トレーラーが突然コントロールを失い、その運転席にはなんと運転手の姿もなかった。異常に気付いたある男性は自分の車を停車させるや、ただちに大型トレーラーを追いかけて、運転室に飛び乗り、サイドブレーキを引いて危険を回避した。

ネットユーザーはこの動画に続々と下記のようなコメントを寄せ、「いいね!」をクリックしている。

「人助けする姿がかっこよすぎる!」

「感動した!この行動にはどれだけの勇気が必要だったことか」

「伝説のスーパーヒーロー現る?」

車に飛び乗った男性は掘削機を操縦する仕事をしている劉文忠(リウ・ウェンジョン)さん。この出来事が起こった時、劉さんはちょうど家から工事現場へ出勤するところだった。

劉さんは出勤途中にこの大型トレーラーに遭遇。「トレーラーがどんどん左側に寄っていき、ガードレールにぶつかった後もガードレールで車体をこすりながら前進し続けていた」と話す劉さんは最初、トレーラーの運転手が居眠り運転しているのだろうと考えたのだという。そこで運転手の目を覚まそうとクラクションをひたすら鳴らしたが、まったく効果が見られなかったので、劉さんはすぐに加速して、右側から大型トレーラーを追い越すと、ある程度の距離を走ってから車を停めた。そして車を降りて大型トレーラーの車首の位置まで走り寄り、運転席のドアを開けて車内に飛び乗ってみたところ、なんと車内に運転手がいなかったので、劉さんは力いっぱいサイドブレーキを引いたのだという。

■トレーラー運転手は車の下で修理中に車にひかれて負傷

この大型トレーラーを運転していた郭さんによると、当日早朝、石材を搬送して国道322号線の文成県区間を走行中に、ブレーキの調子がおかしいことに気づいた。車を停め、前輪タイヤの前の位置で敷板を持って車の下に潜り、ブレーキの調整をしていた。しかし、石材を積載した大型トレーラーはあっという間に坂道を下り始めてしまったのだという。

郭さんは車が動き出した瞬間、これはまずいと考えて車の下で体の向きを変え、這い出ようとしたが、車輪に足をひかれて骨折してしまい、胸部にも激痛が走り、地面に寝転がったまま身動きが取れなくなってしまった。

警察の到着後、運転手の郭さんは文成県人民医院に搬送されて治療を受けた。劉さんが駆け付けて車に飛び乗り、車を停めてくれたことを知ると、「劉さんの勇敢な行動のおかげ」と感激することしきりだったという。

劉さんは、「通勤途中のちょっとした出来事だと思っていたのに、話題の人になってしまうなんて思いもよらなかった。ほんの数秒の事で、いろいろと考えてやったわけではなく、本能的にやっただけ」と語った。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング