韓国で販売不振続く輸入車、日本車は例外!=韓国ネットも納得「コスパ最高」

Record China / 2019年6月7日 10時50分

写真

6月6日、韓国・ノーカットニュースは「輸入車が不振でも、日本車は韓国で羽ばたく」との見出しで、「韓国で日本車の売り上げが好調だ」と報じた。写真は韓国。

2019年6月6日、韓国・ノーカットニュースは「輸入車が不振でも、日本車は韓国で羽ばたく」との見出しで、「韓国で日本車の売り上げが好調だ」と報じた。

記事は韓国輸入自動車協会(KAIDA)の調査結果を伝えている。それによると、先月の輸入車新規登録台数は計1万9548台で、昨年同期(2万3470台)比16.7%減少した。今年の5月までの累積登録台数も、昨年同期比23%減少した8万9928台だった。

今年に入ってから輸入車の販売不振が長引いている状況の中で「日本車は躍進している」という。先月のブランド別の登録台数は、メルセデスベンツが6092台で1位、BMWが3383台で2位、次いでレクサスが1431台で3位、トヨタが1269台で4位、ホンダが1210台で5位となり、3~5位を日本車が占めた。レクサスの販売量は昨年同期比40%も増加、ホンダも95.8%増えたという。

これを受け、韓国のネット上では「(日本車は)コスパ最高。ただ1つ短所があるとしたら、故障しないから長く乗らなきゃってとこかな。現代(ヒュンダイ)自動車と起亜(キア)自動車にとっては打撃」「ドイツ車は乗り心地が良い。日本車はコスパと中身が良い」「現代・起亜自動車は反省して。会社がうまくいってないのに、いつも給料引き上げのデモばかりしてる労組にあきれる」「日本車は合理的な人が買う。幼稚なネットの反日感情に流されない人。韓国車を買う人は非理性的な愛国主義者。高い金を出して韓国車を買う意味が分からない」など、日本車の人気ぶりがうかがえるコメントが多く寄せられている。

一方で、一部からは「日本車は絶対に買わない!領土問題も慰安婦問題も解決していないのだから」「反省と賠償をしない日本の製品なんて買いたい?」など反論の声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング