サムスンのブランド価値、トヨタ・レクサスを抑え世界6位に=韓国ネットも大喜び

Record China / 2019年10月19日 18時20分

写真

17日、韓国・中央日報は、サムスンのブランド価値が600億ドルを突破し、過去最高を記録したと報じた。写真は中国で開催されたサムスン5Gスマホに関するイベント。

2019年10月17日、韓国・中央日報によると、サムスンのブランド価値が600億ドル(約6兆5000億円)を突破し、過去最高を記録した。

記事によると、グローバルブランドコンサルティング専門企業・インターブランドが同日発表した「2019年ベストグローバルブランド報告書」で、サムスンは昨年と同じく6位になり、8年連続でトップ10にランクインした。今年のブランド価値は610億9800万ドルで、昨年の598億9000万ドルより2%増え過去最高を記録したという。

インターブランドはサムスン電子について、折り畳みスマートフォン「ギャラクシーフォールド」、ライフスタイルテレビ「ザ・セロ」、「ビースポーク」冷蔵庫など製品革新を続け、5G、AI、loT、電装など未来先導技術分野で持続的な発展可能性があり、メモリ半導体業界で確固とした1位を維持し技術リーダーシップを続けていると評価したという。

1位はアップル(2342億ドル)、2位はグーグル(1677億ドル)、3位はアマゾン(1253億ドル)、4位はマイクロソフト(1088億ドル)、5位はコカ・コーラ(634億ドル)、7位はトヨタ(562億ドル)、8位はメルセデス・ベンツ(508億ドル)、9位はマクドナルド(454億ドル)、10位はディズニー(444億ドル)だった。

これを受け、韓国のネット上では「小さな国で短期間にこんなにも急成長し、どこに出しても引けを取らない韓国。本当にすごいしびっくり」「サムスンのおかげで自負心が生まれた。これからも頑張って」「韓国人としてサムスンが誇らしい」と喜びの声が多く上がっている。

また「企業人を懲らしめないで。企業が活性化してこそ経済も活性化し、そうすれば国と国民も楽になる」「あれだけサムスンをたたいてたくせに、経済が悪くなったら唯一頑張ってるサムスンを褒めまくってる。あきれた」「文大統領:へへ、南北が統一されたら、サムスンの社名を北スンに変えるよ」など文政権の政策への厳しい意見も目立つ。

また、日本と関連して「自分が小さい頃はソニーがトップだった。こんな時代が来るとは知らなかった」「こうやって日本に勝つことが真の反日。感情に訴えて扇動するのは反日じゃない」「幼い頃は日本の技術が韓国の30年先を行ってると言われてたけど、30年過ぎてむしろサムスンが追い越した」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング