非難浴びたソン・ヘギョの離婚後初のインタビュー、実は誤解だらけだった?=韓国ネットからは賛否

Record China / 2019年7月25日 12時30分

写真

24日、韓国メディア・ヘラルドPOPによると、韓国人女優ソン・ヘギョの海外メディアとのインタビューが、離婚問題と絡めて物議を呼んだことを受け、通訳者が釈明に動いた。写真はソン・ヘギョ。

2019年7月24日、韓国メディア・ヘラルドPOPによると、韓国人女優ソン・ヘギョの海外メディアとのインタビューが離婚問題と絡めて物議を呼んだことを受け、通訳者が釈明に動いた。

記事によると、ソン・ヘギョは11日にモナコで開かれたジュエリーブランド「CHAUMET(ショーメ)」のイベントに出席した際、香港メディア「TATLER」のインタビューに応じた。韓国人俳優ソン・ジュンギとの離婚発表後、初めてのインタビューとあり注目度が高く、質問は主にイベント関連の内容だったが、ソン・ヘギョの答えが離婚後の心境と絡めて「拡大解釈」されたという。特に「運命」「お姫様になったような気分」「1人だけの時間」などの表現が非難を浴びたという。

このためインタビュー当時の通訳者は、韓国メディアに対し「話の脈絡を省略し、インタビュー内容の一部だけを抜粋して報道されたことで、非常に大きな誤解が生じた」「とても困惑しており、怒りよりも恐ろしさを感じる」などと釈明したという。

通訳者は「お姫様」については「ティアラを身に付けたら、しばしそんな気分になれるのでは」と答えたもの、「運命」については出演作品選びについての質問に「作品は運命のようにやって来るものだと思う」と答えたもの、「1人だけの時間」については下半期の計画について聞かれ「個人的な時間を過ごし、休むつもりだ。来年には新しい作品に入ると思うが、確定はしていない」と答えたものだと、背景を説明している。

ソン・ヘギョとソン・ジュンギは2015年のドラマ、「太陽の末裔」での共演がきっかけで交際を始め、17年10月に結婚。しかし今月22日、離婚が成立した。

この記事に、韓国のネットユーザーは「おかしいと思ったんだ。ちゃんとした記事を書いてくれ」「ソン・ヘギョに何一つ勝てない人たちが、自分には優しく、他人には厳しく大騒ぎしているだけ」「それでなくても身も心もつらい時だろうに。名誉を棄損し傷を付けるようなことはやめようよ」というソン・ヘギョ擁護のコメントが寄せられている。一方で「もう見たくない」「嫌いになった」「人間性が見えた気がする」「別れてよかった。ソン・ジュンギがもったいない」「芸能人の中では背も高くないし特別に美人というわけでもないのに、どうしてそんなに持ち上げる?ドラマに出るたびにスキャンダルばかり」というソン・ジュンギ擁護のコメントも。その他「どうしてソン・ヘギョだけがそこまで悪く言われるのか分からない。離婚の原因なんて当事者2人にしか分からないのに」という冷静な声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング