日本のバランスシート不況からの啓発―中国メディア

Record China / 2019年8月1日 5時10分

写真

1990年代、日本はバブル経済が崩壊して長い衰退期に入った。この「失われた10年」はよく知られており、原因については諸説が飛び交う。写真は夏の東京。

1990年代、日本はバブル経済が崩壊して長い衰退期に入った。この「失われた10年」はよく知られており、原因については諸説が飛び交う。(文:周宇・農銀滙理永安混合型証券投資基金および農銀滙理可転債債券型証券投資基金マネージャー。証券時報掲載)

衰退の原因について、当局の金融政策が不十分だったことや銀行の貸し渋りに責任があるとみる人がいれば、日本の人口構造の変化や革新力不足に問題があるとみる人もいる。こうしたさまざまな糸口以外に、経済学者のリチャード・クー氏は日本企業のバランスシートに特に注目し、バブル崩壊の危機発生後に企業がこぞって負債の最小化に転じたことが経済が長期的低迷に陥った原因とみている。

野村総合研究所と日本の内閣府の公式データによると、90年にバブル経済が崩壊すると、日本企業は貸出規模を縮小し始めた。95年以降は、新たな貸出の申請をやめただけでなく、すでにゼロになっていた短期金利には目もくれず、既存の債務の返済を急いだ。

バブル崩壊の危機が起こるまで、日本経済は声も高らかに勢いよく前進し、不動産市場と資本市場は大幅に上昇し、大量の資金が市場に流れ込み、資金が流れ込むと資産価格はさらに押し上げられた。バブル崩壊前夜、多くの企業は資金を借り入れて両市場に積極的に進出し、バランスシートは資産も負債も急速に上昇し、資産価格の上昇が背後にある問題を押し隠し、すべては一見順調にみえた。

バブルが崩壊すると、資産価格は急激に低下し、企業のバランスシートも逆転した。資産は急速に縮小したのに対し、負債の金額には変化がなかった。資産価格がある程度まで下がると、資産が負債を下回り、企業は財務という点で技術的な破産に陥った。債務の苦境に陥った企業は、銀行の貸し渋りやサプライヤーからの支払いの催促を含むさまざまなリスクに直面した。

純資産がマイナスになった日本企業は、生き残りを賭け、利益を債務の返済に充て、目の前の問題を急いで解決するしかなくなった。これと同時に、痛い目をみた企業は新たな投資の展開に異常なほど慎重になり、債務の最小化を利益の最大化に代わる企業の一番目の目標にするようになった。

企業はキャッシュフローを再投資に充てるのをやめて債務を返済するようになった。これは一企業にとっては、生き残るための理性的な方法だったといえる。企業がみな同じ動き方をするようになると、経済全体が需要の原動力を失い、経済は長期的な衰退期に突入した。この時に、通常の金融政策を実施して活性化を図っても、企業はそう簡単に動き方を変えることはなく、企業の需要の回復を後押しすることは困難だった。

中国の現在の状況は当時の日本ほど危機的ではないが、ここ数年の債務比率の急速な上昇が各方面の注目を集めている。以前のような中国経済が急速に発展し、金融緩和が実施される大きな環境の中で、一部の企業は債務比率がかなり高くなっている。上向きの経済環境であれば、企業が負債を転がして経営を維持することができる。下振れする経済環境に直面すれば、企業はバランスシート不況という問題に直面し、経済に新たな不安定要因が加わる可能性がある。

そこで日本の教訓を参考にして、目下の複雑な国内情勢や海外情勢の中、「デレバレッジを通じてリスクを防止」し、小さいうちに問題の芽を摘み、早めに手を打って未来の経済の健全な成長を保障することが、ぜひとも必要だといえる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング