韓国が日本とのGSOMIA破棄へ!中国ネット「日本は全く気にしないだろう」「どうやら文大統領の行く末は…」

Record China / 2019年8月22日 22時0分

写真

韓国大統領府が22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄する方針を発表した。中国メディアも速報で伝えた。資料写真。

韓国大統領府が22日、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄する方針を発表した。中国メディアも速報で伝えた。

会見した金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長は破棄の理由について、日本政府が韓国を輸出優遇国(ホワイト国)リストから除外したことを挙げ、「こうした状況で、安全保障において敏感な軍事情報を交換する協定を維持することは、国益にかなわないと判断した」と説明した。米国は韓国に協定延長を要請しており、日韓関係はもちろん、日米韓の安全保障上の関係にも影響を及ぼしそうだ。

中国メディアの環球時報は韓国の発表を速報で伝えたほか、日本の報道を引用して「日本政府関係者は極めて遺憾だと話した」と伝えた。また、界面新聞は「日本側はこれまで、軍事情報協定の延長を希望することを表明してきたが、韓国側は敏感な軍事情報を交換するには高度な相互信頼が必要だとし、日本の輸出管理措置を理由に維持することが難しいとの立場を示した」と伝えた。

中国新聞網は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで「日韓対立エスカレート!韓国が軍事情報保護協定の破棄を決定」とツイート。「(GSOMIAは)日韓両国が戦後初めて結んだ軍事協力協定であり、日韓にとって唯一の軍事分野の協定である。最近、日韓は歴史問題、2国間貿易などの方面で関係が悪く、摩擦がエスカレートし続けている」と伝えた。

中国のネットユーザーからは「日本は全く気にしないだろう。貿易保護主義の台頭は(日本にとって)韓国をたたく千載一遇のチャンス」「どうやら、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の行く末はあまり良くなさそうだ」「米国が煽って、地域の緊張をわざと高めているのでは?」「米国はいざとなったら日本側につくだろう」「アジア太平洋地域はいろいろあるな。平和が一番だよ」「またさまざまな角度からの分析が出てくるのが楽しみだ」といった声が上がっている。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング