韓国で「親日」書籍が大人気になっていることに焦る人々、「親日賛美禁止法」制定を訴える声も―中国メディア

Record China / 2019年8月27日 15時40分

写真

中国メディアの環球時報は27日、反日感情が高まる韓国で「親日」書籍が売り上げを伸ばしていることについて、「韓国人が焦っている」と伝えた。写真はソウル。

中国メディアの環球時報は27日、反日感情が高まる韓国で「親日」書籍が売り上げを伸ばしていることについて、「韓国人が焦っている」と伝えた。

韓国では現在、書籍『反日種族主義』が2週連続でベストセラーになっている。同著はソウル大学名誉教授の李栄薫(イ・ヨンフン)氏ら6人が執筆した。韓国の危機の根源は「反日種族主義」にあるとする内容で、今年7月上旬に刊行されると、韓国大手書店で2週(8月7~20日)連続で1位を記録。すでに10万冊以上が売れているという。

記事は、「韓国社会で反日感情が高まる中、日本による植民統治の歴史を極めて美化した親日書籍が逆に大人気となっており、人々が目を背ける事態になっている」とし、韓国メディアの報道を紹介した。

まず、韓国紙・韓国日報は、同著について「韓国社会に反日や仇日の感情がまん延しやすい原因が、韓国社会がこれまで日本による植民統治の歴史を歪曲(わいきょく)してきたことにあると指摘。韓国人は『親日は悪、反日は善』という全く根拠のない世界観に洗脳されたと主張している。また、同著には慰安婦や徴用工の問題について、日本軍による強制性を否定する内容が記されている」などと紹介した。

その上で、「反日感情が高まる中、全編を通じて親日思想の同著が異常なほど売れていることは、植民統治を美化する歴史観が韓国社会にひっそりと浸透・拡散することを助長することにならないかと懸念を抱かせる。そして、これはまさに日本が期待している結果だ」と批判した。さらに、「韓国の政界や学界からも批判の声が大きい」とし、韓国光復会の金元雄会長がナチス称賛を禁じているドイツを引き合いに「親日賛美禁止法」の制定を訴えたことを紹介した。

また、韓国・YTNテレビは、同著の著者の一人が国連で演説する際に「日本の極右団体『国際歴史論戦研究所』が資金援助していた」と報じた。ハンギョレ新聞は、同著が日本で出版される可能性があることについて業界関係者が「日本人が誤った歴史観を深め、歪曲された歴史観が日本社会に拡散することになり、日韓関係が取り返しがつかないほど悪化する」と懸念を示していることを伝えたほか、東国大学の教授からは「日本の右翼勢力が宣伝する『日本が韓国の近代化を実現したのだ』と主張しているが、同著の著者らはまさにこの観点に迎合している」との批判が出ているとも伝えた。

記事は、「韓国人の仇日感情は、親日書籍の人気によって下がっているわけでは決してない」と指摘。ソウルで日本人女性が韓国人の男から暴行を受ける事件が発生したことを併せて伝えた。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング