上海で痴漢に初の刑事罰=これまでと何が違う?―中国メディア

Record China / 2019年8月30日 15時20分

写真

中国上海市で痴漢行為に対して初めて刑事罰が科された。写真は中国の地下鉄。

中国上海市で痴漢行為に対して初めて刑事罰が科された。28日、中国メディア・新京報が伝えた。

上海市の鉄路運輸検察院は26日、地下鉄の車内で未成年を含む女性2人の胸などを触った男に対し、強制わいせつ罪の容疑で逮捕許可を出した。

記事によると、中国ではこれまでも北京で私服警官が地下鉄での痴漢行為摘発に尽力するなど、公共の場所での性的嫌がらせを処罰する取り組みがなされてきた。しかし、痴漢行為に科されてきたのは行政罰のみで、違反リスクが低かったため、同様の事件が繰り返し発生していたという。

記事は、「わいせつ行為の処罰について、中国には『治安管理処罰法』と『刑法』でそれぞれ明確な規定がある。両者はその行為が社会に及ぼす危害の程度や行為の手段に応じて適用される。『治安管理処罰法』はいわゆる他人へのわいせつ行為全般について、『刑罰』は暴力や脅迫といった方法、または強制的な手段で他人にわいせつ行為を働くことに適用される」と説明。「痴漢行為に対処するに当たって、行政罰を科すべきか、それとも刑事罰を科すべきかということは一概には言えない。それは司法部門によってあらゆる角度から総合的に考慮されるべきだ」と指摘しつつ、「今回の件に関しては被害者の1人が未成年だったこともあり、司法機関が男に強制わいせつという刑事責任を追求したことは、完全に法に依拠していると考えられる」と論じた。

人民日報などの中国メディアが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で同ニュースを紹介。これに対して、中国のネットユーザーは「良いニュースだ」「これは、社会の雰囲気を変えるために必要な措置だ」「上海は何事に関しても先陣を切っている」「ここから、全国に広げていこう」などと高評価が寄せられている。(翻訳・編集/岩谷)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング