流出文化財600点以上集めた「回帰の道」展を北京で開催―中国

Record China / 2019年9月21日 15時50分

写真

海外に流出していた中国の文化財600点以上が17日、「回帰の道--新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で展示された。

王処直墓浮彫石刻、竜門石窟石刻仏像、秦公墓地金飾片、皿方罍、曾伯克父青銅組器、円明園青銅虎●(●は瑩の玉が金)など、こうしたこれまで海外に流出していた中国の文化財600点以上が17日、「回帰の道--新中国成立70周年流出文化財返還成果展」に集められ、70年にわたり中国が取り組んできた流出文化財返還の非凡な歩みと豊かな成果が展示された。新華網が伝えた。

展覧会は中国の文化・観光部と国家文物局が主催し、中国国家博物館で11月中旬から下旬まで行われる予定。

国家文化財局の劉玉珠(リウ・ユージュウ)局長は、「海外に流出していた中国文化財は、中国文化遺産のうち切り離すことのできない部分。1949年から現在まで、中国は法執行面での協力、司法訴訟、寄贈交渉、緊急募集などの方法で、海外に流出していた中国の文化財15万点以上を、300回以上にわたって返還させることに成功した」と述べた。

劉局長は、「流出文化財の返還は、中華民族が立ち上がり、豊かになり、強くなっていくという歴史のプロセスを独自の側面から物語っている」と語った。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング