日韓関係の転機となるか?両国外相が米ニューヨークで会談へ―中国メディア

Record China / 2019年9月25日 16時10分

写真

韓国外交部は、国連総会に合わせて訪米中の康京和外相と茂木敏充外相が27日にニューヨークで会談する予定だと明らかにした。資料写真。

韓国外交部は、国連総会に合わせて訪米中の康京和(カン・ギョンファ)外相と茂木敏充外相が27日にニューヨークで会談する予定だと明らかにした。中国メディア・中国新聞網は24日、「日韓関係は転機を迎えるだろうか?」という見出しで伝えた。

11日に新たに外相に就任した茂木氏にとって、韓国外相との会談は初となる。両国外相は元徴用工問題や輸出規制強化などについて話し合う見通しだという。

記事は、「茂木氏は韓国最高裁の徴用工訴訟判決について、『日韓請求権協定に明らかに違反する』との立場を示しており、両国の隔たりは大きい。そのため、今回の日韓外相会議が両国関係打開の突破口になることはおそらく難しいだろうという」との見方を紹介。また、「今回の国連総会期間中に日米韓外相会談が行われる可能性も低いと見られている」と説明した。

このほか、「23日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の間で行われた米韓首脳会談でも、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)といった日本に関連する話題は議論されなかった」と指摘した。(翻訳・編集/岩谷)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング