国慶節大型連休中の航空券価格が下落、国内線予約は10%増―中国

Record China / 2019年9月27日 18時10分

写真

今年の外出関連データによると、国慶節連休中、空路を利用する人は増えているが、航空券価格は逆に値下がりしている。写真は上海虹橋国際空港。

今年の国慶節(建国記念日、10月1日)の大型連休まで1週間を切った。今年の外出関連データによると、国慶節連休中、空路を利用する人は増えているが、航空券価格は逆に値下がりしている。人民日報海外版が伝えた。

中国の総合旅行サイト「Qunar.Com」航空旅行ビッグデータ研究院の報告によると、国慶節連休中の国内線予約件数は前年同期比10%以上、国際線および香港・マカオ・台湾路線は同15%以上、それぞれ増加した。今年の国慶節連休中に旅行に出かける人の数は大幅に増加する見込みだが、航空券価格は前年同期比やや下落している。このうち、国際線および香港・マカオ・台湾路線の航空券平均価格は税込み1157.29元(約1万7000円)、前年同期比約200元(約3000円)の下落で、下落幅は16%に達した。国内線の航空券チケットのみの価格は837.32元(約1万2000円)で、同約50元(約750円)下落した。

旅客数が増加する一方で航空券価格が下落している状況について、専門家は、民用航空の乗継が増加しているのが大きな原因であると分析している。「Qunar.Com」航空旅行ビッグデータ研究院の統計データによると、今年の国慶節大型連休中の乗継旅客数は2018年比13%上昇した。国際線のみならず、国内線利用客も、乗継便を利用する人が大幅に増加しており、このことが、今年の国慶節連休中の航空券価格が下落した主な原因となっている。

現時点で、国内発で人気の国際線乗継地トップ3は広州、クアラルンプール、上海で、西安、昆明、鄭州は国内線乗継地の上位3都市となっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング