安倍首相と文大統領の関係は冷淡も、夫人同士が見せた「非常なる親密ぶり」―香港メディア

Record China / 2019年9月27日 13時30分

写真

26日、文匯報は、日韓良好の対立が深まる中で安倍晋三首相と文在寅大統領が公式の場で一緒になってもほとんど目を合わさない一方、ファーストレディー同士は親密ぶりを見せていると報じた。写真は韓国大統領府のFBより。

2019年9月26日、香港メディアの文匯報は、「分からない!」と題する記事で、日韓良好の対立が深まる中で安倍晋三首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領が公式の場で一緒になってもほとんど目を合わさない一方、ファーストレディー同士は親密ぶりを見せていると報じた。

記事は、安倍首相と文大統領がそれぞれ国連総会に出席するために米ニューヨークを訪れ、各国首脳と会談を行う一方、日韓関係が冷え切った状態の中で、日韓首脳会談は実現しなかったと紹介。「安倍首相と文大統領の関係は相当に気まずいものになっているが、2人の夫人がニューヨークで偶然会った時には非常なる親密ぶりを見せていた」とした。

その上で、韓国の複数メディアによる報道として、文大統領夫人である金正淑(キム・ジョンスク)氏と安倍首相夫人の安倍昭恵氏が現地時間24日にニューヨークで偶然会ったとし、金氏が先に昭恵氏に向けて手を伸ばしてあいさつをすると、2人は笑みを浮かべながら会話を交わした後ハグを交わし、2人が出席していたイベントの会場から手をつなぎながら退場したと伝えている。

記事はこの様子を韓国メディアが「歓談の時間を過ごした」と報じたことを紹介するとともに、国外メディアの間で日韓関係改善の可能性についての議論を巻き起こしたと伝えた。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング