中国の「最長射程」誇る弾道ミサイル、全世界の目標をカバー―中国専門家

Record China / 2019年10月9日 7時50分

写真

中国メディアの環球時報は8日、中国が建国70周年を祝う軍事パレードに登場した大陸間弾道ミサイル「DF-41」について、米メディアが「世界で最も射程距離が長い弾道ミサイル」と評したことを伝えた。

中国メディアの環球時報は8日、中国が建国70周年を祝う軍事パレードに登場した大陸間弾道ミサイル「DF-41」について、米メディアが「世界で最も射程距離が長い弾道ミサイル」と評したことを伝えた。

記事によると、今回の軍事パレードで初お目見えとなった「DF-41」について、米紙・星条旗新聞は「技術的に細かいところまではまだ公表されていない」としながらも、米民間シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)の分析を基に「地球上で最も射程距離の長いミサイル」と伝えたという。

また、シンガポール華字紙・聯合早報は「『DF-41』は新たな世代の戦略武器。複数の核弾頭を搭載可能」と報じたほか、ロシア新聞(ロシースカヤ・ガゼータ)も「中国の軍事技術、特に弾道ミサイルや無人機、その他一部の装備は、米国やロシア、欧州に肩を並べる」と高く評価しているという。

中国の弾道ミサイル専門家の楊承軍(ヤン・チョンジュン)氏は、「『DF-41』は全世界の戦略目標をカバーできる射程を有している」とし、「これは中国軍がより効果的に自国の安全を守ることに大きな意味を持つ」と述べた。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング