<サッカー>無観客、生中継なしの「韓国VS北朝鮮」戦に不満続出?選手らがもめる場面も

Record China / 2019年10月16日 16時20分

写真

15日、韓国・SPOTV NEWSは、在北朝鮮スウェーデン大使がサッカーの2022FIFAワールドカップカタール大会アジア2次予選H組、韓国対北朝鮮の試合の映像と写真を公開したと伝えた。写真は孫興ミン。

2019年10月15日、韓国・SPOTV NEWSによると、在北朝鮮スウェーデン大使がサッカーの2022FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選H組、韓国対北朝鮮の試合の映像と写真を公開した。

記事によると、在北朝鮮スウェーデン大使は自身のツイッターに「韓国対北朝鮮の試合を観覧した」と書き込み、写真と映像を公開した。この試合は同日午後5時30分から平壌の金日成(キム・イルソン)競技場で行われたが、一般の観客の入場は制限され、平壌に駐在する大使館の職員のみ観戦できたという。また、韓国での中継も行われなかった。

同大使が公開した映像の1つには、両チームの選手らが争う様子が収められていた。記事は「韓国代表の孫興ミン(ソン・フンミン)と北朝鮮代表の李榮直(リ・ヨンジク)、朴光龍(パク・グァンリョン)が積極的に仲裁している」とし、「争いの中心にいたのは韓国代表の金紋奐(キム・ムンファン)と北朝鮮代表の金哲範(キム・チョルボム)ではないか」と伝えている。

同大使はこの映像と共に「子どもたちの前でけんかはよくない」「でも今日ここには子どもはいない」とつづった。また、「韓国と北朝鮮が感動的な試合をしたが、観客はほとんどいなかった」とも投稿したという。

これに韓国のネットユーザーからは「国際的なサッカーの試合なのに観客がいないだなんて…」「FIFAは二度とこのような試合が行われないようにするべきだ」「FIFAは北朝鮮を脱退させるべきだ」「あまりにも非常識だ」「無観客試合で中継もなし?あり得ない」「こんな試合を許可するFIFAもどうかと思う」など批判的なコメントが寄せられている。

一方で「難しい条件での試合だっただろうけど、けがもなく終わってよかった」「選手の皆さんを応援しています」など温かいコメントも見られた。

試合は両チームとも得点を奪うことはできず、引き分けで終わった。ともに2勝1分け、勝ち点7で並んだが、得失点差で韓国が首位に立っている。(翻訳・編集/長居)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング