安倍首相の対韓国メッセージ、「異例の前向き発言」と韓国メディア

Record China / 2019年10月17日 16時40分

写真

17日、韓国・ソウル新聞は、22日に開かれる天皇陛下の即位の礼に合わせ李洛淵首相が来日するのを前に、安倍晋三首相が日韓の対話の必要性について言及したことを報じた。写真は安倍首相(出典:内閣府 https://www.kantei.go.jp/)。

2019年10月17日、韓国・ソウル新聞は、22日に開かれる天皇陛下の「即位の礼」に合わせ李洛淵(イ・ナギョン)首相が来日するのを前に、安倍晋三首相が日韓の対話の必要性について言及したことを報じた。

安倍首相は16日の参議院予算委員会で自民党の松川るい議員の「李首相の来日に当たり日韓関係にどう取り組むのか」という質問に「韓国は重要な隣国だ。対話は常に続けなければならないと考えている。そのような機会を閉ざすつもりは全くない」「北朝鮮問題などにおいて日韓、日米韓の協力が重要であると認識している」と答えた。一方で「韓国が信頼関係を損なう行為を続けている」とも発言した。

記事は、「両国の関係が悪化してからの発言としては前向きな方だ。李首相との会談を見据えて融和的な態度を取ったのではないか」と指摘している。また、自民党の二階俊博幹事長が先月27日に「円満な外交のために韓国の努力も必要だが、日本が先に手を差し伸べるべきだ」と述べ、関係改善への意思をほのめかしたこととの関連についても注目が集まっているとした。

韓国の外交消息筋は「両国の関係悪化の責任は韓国にあるとの認識を今回の演説でも繰り返しているので、前向きな発言であるとは言い切れない」としながらも、「日本での盛大な儀式に韓国の首相が出席するため融和的な態度が必要だと判断した可能性があり、これが今後の関係改善に肯定的に作用することはあるだろう」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「韓国にとって日本は重要な国ではない」「韓国に向けた発言ではなくて、党内部の不満を鎮めようとしただけ」「言葉と行動が伴っていない」「パフォーマンスにすぎない」「いまさら不利だって気付いたの?もう遅い」「融和的な態度じゃなくて謝罪が先だ」「自分たちが都合のいい時だけ手を差し伸べる国とは対話は無理」など、厳しいコメントが寄せられている。(翻訳・編集/長居)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング